オゾンとロタウイルス

オゾンコラムにはすでにロタウイルスに関する一般的な解説がされた記事「【医師監修】ロタウイルスの感染をオゾンで予防!」がありますが、本記事ではロタウイルスに関するレビュー論文やアメリカのブルックヘブン国立研究所が報告した研究成果等をもとにさらに詳しくご説明します。

抗菌・抗ウイルス図

オゾン(O3)とは酸素(O2)の同位体で、酸素にもう一つOがくっついた化学式O3で表されます。

オゾンは発生器で容易に発生でき、抗菌・抗ウイルス効果を示し、すばやく空気中の酸素に戻ることができるため、除菌と消毒ができる地球にやさしい抗菌物質として注目されています。

オゾン水とはオゾンが溶けこんだ水です。
オゾン水のオゾンは酸化によって除菌した後に水に戻ることができるので、こちらも人体への害を考えずに遣うことができる消毒・除菌薬として利用されています。

本記事で扱うロタウイルスに対してもオゾン・オゾン水は強い消毒効果があることが知られています。

内臓とウイルス

ロタウイルスはインフルエンザウイルスやノロウイルスよりも少し馴染みがないウイルスで、初めて耳にされたかたも多いと思います。

国立感染症研究所のホームページの情報を参考に簡単に説明させていただきますと、ロタウイルスは急性感染性胃腸炎を引き起こすウイルスです。
リンク先はコチラ

主に5歳未満の小児に感染する疾患で、感染経路は糞口感染がメインとされています。
ロタウイルスは感染性が非常に強く、発症予防が難しいウイルス感染症とされています。

予防薬

ロタウイルスワクチンによるロタウイルス感染予防が最も推奨されています。

ロタウイルスは特に小児に対してウイルス性の腸炎を引き起こし、特に発展途上国では社会問題となっています。

しかしながら感染力が強く、予防も公衆衛生上の対策とワクチン程度しかなく、対応が難しいウイルスです。
オゾンはロタウイルスがエンベロープを持たないウイルスであるため非常に消毒効果が高く、ロタウイルスの感染予防として有効であることが先行研究より示唆されています。

今後ロタウイルスのようなエンベロープを持たないウイルスの消毒にはオゾンがスタンダードになっていく可能性もあり、さらなる研究が待たれます。