井戸水の大腸菌について|井戸水のオゾンによる大腸菌除菌方法

井戸水は雑用水として水道水よりも安い費用で利用することができますが、食品の調理や洗浄などに用いる場合、健康被害につながるリスクがあり、注意が必要です。
このコラムでは、そんな井戸水を安全に利用するためにオゾンで除菌する方法をご紹介します。

オゾン漫画 井戸水編
井戸水をオゾンで除菌

井戸水とは、主に地中に存在する「地下水」汲み上げて資源として利用する水です。現在はインフラとして利用する水資源は水道水がメインですが、井戸水は掘削費や運用費を除けば水道代がかからないので、雑用水として利用するところも多いのではないかと思われます。

井戸水は、浄水処理を経て提供される水道水とは異なり、基本的に地中に眠る自然の水をそのまま汲み上げて利用するのが特徴です。
そのため、井戸水に有害物質や病原微生物が含まれることもあり、飲用など人体に水が入るような用途で利用するには注意が必要です。自治体の中には、健康被害のリスクから、井戸水を飲用しないように指導している所もあります。

井戸水の汚染や健康被害の例としては以下のようなものがあります。

・病原大腸菌による感染症
・揮発性有機化合物重金属硝酸亜硝酸性窒素による汚染(廃棄物排水からの汚染)
・赤痢菌による感染症
・カンピロバクターによる感染症


上記の中でも病原大腸菌による感染症は井戸水による健康被害として典型的なものだと思われます。

オゾン発生器をチェックする

オゾン水生成器 オゾンバスターPRO

オゾンバスターPRO製品ページをチェック

オゾン水生成器 オゾンバスターIndustry

オゾンバスターindustry製品ページをチェック

弊社オゾン発生器、オゾンバスターを使用し除菌を行っている「月桂冠株式会社様・導入事例」をご紹介します。
酒瓶や利き猪口は高圧滅菌ができないものが多く、それらの器具を危険な薬剤や防カビ剤などを使わずに安全に除菌・消臭するために導入いただきました。
(注:オゾンバスターの使用例です。オゾン生成原料水に井戸水を使用されているわけではありません。)

井戸水を除菌して安全に使いたい方に、是非お試しいただきたいと思っております。

※オゾンバスターシリーズを井戸水にお使いの場合、保証の対象外となります。あくまでひとつの方法としてお読みください。