受付

ここ数年、日本政府の訪日ビザの緩和により、訪日観光客が大幅に増加しており、2016年は、2013年と比べて2倍以上となることは確実な状況です。

しかしながら、観光産業はアップダウンが激しい業界でもあります。

2011年には東日本大震災が発生し、2010年比で訪日外国人数がマイナス27.8%を記録するなど、何か一つの要因で前年比大幅減というのがあり得る業界です。

だからこそ、訪日観光客の伸びが止まる時がきても、「ホテル予約サイトを探して、一番安いからたまたま選んだ」という宿泊客ばかりではなく、「一度泊まったが良かったので、また泊まりたい」と思ってもらえる、リピーター育成をいかに行うかが重要になります。

今回はホテルの共用部の脱臭・除菌を、オゾンを使って効率化する方法についてお伝えします。

まず前提として、ホテルの客室を清掃するときは「誰もいない環境で清掃可能」ですが、共用部は「常に誰かがいる状態」であるため、客室とは別な方法で清掃しなければなりません。

では、どのような場所で脱臭・除菌が必要かを見ていきたいと思います。

ホテルの共用部を除菌・脱臭

1. ホテルのフロント・カフェ・レストラン

2. 廊下

3. プール・大浴場・ジム

4. 荷物預かり所

意外と注意が払われないのは、荷物預かり所です。

以前、シンガポール出張中、ホテルをチェックアウト後、キャリーケースを1日預けていたのですが、受け取った後キャリケースが漢方薬くさくなっていたことがありました。

このホテルは何度も利用しているため、たまたま漢方薬が入った荷物と同じ場所に保管されていたのだと思います。

私はもう日本に帰るだけだったので問題ありませんでしたが、これから旅行する人の荷物がすべて臭くなっていたら、お客様から大クレームが来る可能性があります。

荷物を入れたり出したりするのは頻繁に発生するため、このような状況では常時稼働が可能な「オゾンクルーラー」の利用が望ましいです。

オゾン発生器の一覧はコチラ