ロタウイルスとは?

ロタウイルスは、ノロウイルスに非常によく似たウイルスです。

ロタウイルスに感染すると、高熱、強い下痢、そして嘔吐の症状が出ており、この症状はノロウイルスによく似ています。

しかし、ロタウイルスには、ノロウイルスにはない大きな特徴があります。

それは、日本だけでなく、世界中の子供が、5歳になるまでに1度は感染する、ということです。

国際連合の専門機関の1つであるWHO(世界保健機関)のアメリカ、スイス、ブラジルの研究者の調査によると、2013年には21万5000人の幼児がロタウイルスにより死亡しています。

驚くことに、激しい下痢による幼児の死亡の37%が、ロタウイルスが原因だとされています。

これに引き換え、大人はまずロタウイルスには感染しません。

大人も子供も容赦ないノロウイルスとは、この点が異なります。

ロタウイルスに対する特効薬(インフルエンザウイルスに対するタミフルのような薬)はありません。

つまり、下痢や嘔吐を続けて、ロタウイルスが排出されるに従って体調は良くなってきます(よって下痢止めは絶対に服用してはいけません)。

体内からウイルスが排出され切るまでは、下痢と嘔吐に耐える必要があります。

ここで注意したいのは、家庭内、または幼児が多くいる幼稚園や保育園、小児科医院での二次感染です。

ロタウイルス感染者の吐しゃ物と便には、多くのロタウイルスが含まれています。

例えば、お兄ちゃんがロタウイルスに感染し、トイレで嘔吐し、下痢をしたとします。

その直後に、弟さんがトイレで用を足した場合、トイレの中に充満しているロタウイルスにより感染する可能性があります。

また、ロタウイルスに感染したお兄ちゃんが、吐しゃ物を完全に拭ききっていない手で弟さんを触った場合なども同様です。

ロタウイルスは、アルコールでは消毒できません。

よって、アルコール入りのウェットティッシュは役に立ちません。

オゾンでロタウイルスの二次感染を防ぐ

ここで役に立つのがオゾン発生器、オゾン水生成器です。

ロタウイルスの対策=ノロウイルスの対策

ロタウイルスとノロウイルスは、感染したときの症状が同じだけでなく、感染防止策も全く同じです。

よって、例えば子供がいる家庭でロタウイルスの対策を行えば、それはすなわちノロウイルスの対策になり、子供だけでなく、大人にも意味がある対策になります。

家庭、幼稚園・保育園、病院・小児科医院のロタウイルス、ノロウイルス対策、二次感染予防にぜひオゾンをお役立てください。

オゾン発生器の一覧はコチラ