1. 臭いを取る

さて、中古車販売のビジネスについて改めて見てみましょう。

お客様が何年も利用された車を中古車として買い取り、それをきれいにして販売し、その差額が利益になる、というわけです自社が買い取った車をそのままお客様に販売する、それも短時間で販売するのが最も利益率が高いです。

しかしながら、売れ行きが芳しくない車も当然あります。

売れ残った車は業者間のオークションに出したり、海外に安価に輸出される場合もあります。

この場合には、そもそもの販売価格が安く、そしてオークション業者や輸出業者に手数料を支払う必要があるため、利益率を押し下げてしまいます(赤字になることもあるでしょう)。

オゾン発生器ができることは、「中古車の臭いを簡単にとる」ということです。

すなわち、買い取った車から「お客様が『この車を買わない大きな理由』の一つを取り除く」ということです。

車を買うというのは、誰に取っても小さな出費ではありません。そして車の中は長時間過ごす場所でもあります。そんな車の中が、前のオーナーがつけた臭いが取り切れていないとしたら、おそらく他の車を選ぶ、または他のお店に流れてしまうでしょう。

これは販売機会の喪失につながります。

この結果、車が売れ残ってしまったら、安価に販売せざるを得なくなり、利益が減ってしまいます。
「私たちは中古車のプロです。
どんなに車内が臭ったとしても、きちんと取り除きます」と仰る中古車販売店の方々も、もちろん多くいます。

ただ、臭いを完全に取り除くためにどの程度の時間と労力を使っているでしょうか。

臭いを取るために多くの時間を使うから、人を多く雇う必要がある、また販売に時間が避けないとなると、効率的な経営とは言えません。

オゾンマートのお客様は、この「簡単に」臭いを取る、という点を高く評価していただいています。

例えば、人自身の体臭、タバコ臭、尿や便の臭い、吐しゃ物の臭い、食品の臭い、加齢臭、ペットの臭い、エアコンの臭いなどに効果があります。

オゾン発生器の一覧はコチラ

2. オゾン水を利用した汚れ落とし

私はこれまで買った車は全て中古車ですが、中古車販売店とよく交渉をします。

交渉、というと言葉はいいですが、ぶっちゃけて言うと「中古車のあら捜しをして、それを値下げしてもらう理由にする」のです。

あまり上品なやり方ではないですが、この手を使われる方は多いのではないかと思います。

私が使ったテクニックは、前のオーナーがつけた社内の汚れを見つけて、それを理由に値引きを要求したことがあります。

結果、少しだけですが金額を引いてもらいました。つまり、小さな汚れでもそれが理由に車の価値は下がってしまう、ということです。

弊社のオゾン発生器は、気体としてのオゾンを生成するだけでなく、オゾン水を作ることができます。

オゾン水は強力な分解作用があるため、シートや車内についた汚れを落とすことが可能です。

そしてオゾン水自体は最後に分解されて普通の水になるため、臭いが車内についたり、またオゾン水で逆に車内を汚してしまうようなことは一切ありません。

「強力な洗剤があるけど、この素材につけてしまって問題ないかな」と悩む必要はありません。

思い切って使っていただき、汚れを落とすことで車の価値を上げる、そしてよりよい価格での販売につなげることが可能です。

オゾン発生器の一覧はコチラ