お客さんにメリットを与えて売り上げを増やす、そして継続率を高めることは非常に重要なアプローチです。

そして、これと同じくらい大切なのが、お客さんの不満となる理由をつぶしていくことです。この理由の中には、「施設側に責任がない理由」と「施設側に責任がある理由」の両方があります。

[施設側に責任がない理由]
・仕事が忙しい
・勉強が忙しい
・家庭の事情
・仕事が忙しい
・他に趣味ができた、別な習い事を始めた
・体調不良
・引っ越し


[施設側に責任がある理由]
・面白いと感じられない
・競合施設に移る
・会費が高い
・スタッフに不満がある
・営業時間やプログラムに不満がある
・施設が清潔でない


しかしながら、フィットネス施設は本当の理由について正しくお客さんに聞くことはできないのです。

正確には、「退会アンケート」など、最後にお客さんの声を聞く機会があるかと思いますが、こうしたアンケートにお客さんが真面目に答えているとは限りません。

「料金に不満があると言ったら、安い料金プランを勧めてきて引き止められそうだから、『仕事の都合』と書いておこう」 「競合に移る、といったら、『うちのクラブの方がいい』と説得されそうだから、『引っ越し』としておこう」などです。

よって、「施設側に責任がない理由」が、無難な理由として実態以上に多く報告されていると考えたほうが良いです(これはフィットネス施設に限らず、どの業界でもそうです)。

「施設側に責任があるが言われずに辞めていく」理由の1つに、施設の清潔感や臭いがあります。特に、レッスン型のプログラムがある場合は要注意です。

多くの人がレッスンスタジオに集まり、汗びっしょりになりながらレッスンするわけですので、レッスンが終わった後、室内、壁、床に臭いが残ります。

器具を使っている場合は、危惧も要注意です。レッスン後はもちろん掃除はされているでしょうが、臭いが徐々に蓄積されていって、お客様の不満の原因にならないように注意が必要です。

フィットネス施設の臭い対策としておすすめしたいのが、オゾン発生器による消臭です。

オゾン発生器から発生されたオゾン(気体)は、臭い物質と化学反応を起こすことで、臭い物質を完全に分解します。

「何か別な香りを発生させて、臭いをごまかす」のではなく、「臭い物質自体を分解して臭いをゼロにする」ところにオゾンの特徴があります。

オゾンは、時間が経つと分解され酸素に変化するため、オゾンが残留してお客様に迷惑をかけることもありません。

フィットネス施設であれば、下記のような場面でご利用を頂くことができます。

・レッスンが終了した後のスタジオの消臭
・閉店後のマシンルームの消臭
・トイレの消臭更衣室の消臭

さらには、オゾンは強力な消臭効果の他に、細菌やウイルスを殺菌する効果もあります。

オゾン発生器を利用することで、持ち込まれた細菌やウイルスが、別な人に感染する前の殺菌に役立ちます。

インフルエンザやノロウイルスが流行する冬の時期は特に有効です。

そして、こうした対策は、お客さんだけではなく、店舗で働く社員、インストラクター、アルバイトの方にとっても有効です。

店舗で働くすべての人の健康管理にも役立つため、殺菌用として受付スペースに配備されている場合もあります。

フィットネス施設だけでなく、病院などでも、受付スペースで患者さんや病院スタッフが二次感染することを防ぐために配備されている場合も多いので、オゾンの信頼性は非常に高いといってよいかと思います。

ぜひ、あなたの施設でもお客さんとスタッフのために、ご検討ください。