オゾン発生器専門店【オゾンマート】
 

ホテル共用部の脱臭・除菌をオゾン発生器で実現

 

ホテル共用部をお客さまにとって快適・安全な空間にするにはどうすれば良いか。オゾン発生器の活用方法と併せて説明します。

ホテル共用部の脱臭・除菌をオゾン発生器で実現

ここ数年、日本政府の訪日ビザの緩和により、訪日観光客が大幅に増加しており、2016年は、2013年と比べて2倍以上となることは確実な状況です。

しかしながら、観光産業はアップダウンが激しい業界でもあります。

2011年には東日本大震災が発生し、2010年比で訪日外国人数がマイナス27.8%を記録するなど、何か一つの要因で前年比大幅減というのがあり得る業界です。

だからこそ、訪日観光客の伸びが止まる時がきても、「ホテル予約サイトを探して、一番安いからたまたま選んだ」という宿泊客ばかりではなく、「一度泊まったが良かったので、また泊まりたい」と思ってもらえる、リピーター育成をいかに行うかが重要になります。

宿泊客がチェックアウトした後のホテル客室の清掃については、こちらをご覧いただくとして、今回はホテルの共用部の脱臭・除菌を、オゾンを使って効率化する方法についてお伝えします。

まず前提として、ホテルの客室を清掃するときは「誰もいない環境で清掃可能」ですが、共用部は「常に誰かがいる状態」であるため、客室とは別な方法で清掃しなければなりません。

では、どのような場所で脱臭・除菌が必要かを見ていきたいと思います。

ホテル共用部の脱臭・除菌をオゾン発生器で実現

1. ホテルのフロント・カフェ・レストラン

フロントはホテルの顔であると同時に、ホテルの中で最も多くの人が出入りする場所です。

ホテルスタッフ、宿泊客、来訪客、またコーヒーを飲みに来た飲食客、それから大型ホテルであれば、会議・婚礼・パーティー・展示会で利用する人も多いです。

ホテルのフロントで最も細菌やウイルスに晒される可能性が高いのは、ホテルのフロントスタッフです。

受付に長時間おり、多くのお客様と相対して対応するため、お客様から風邪やウイルスなどが移りやすいのです。

これ以外にも、フロントのカフェで長時間過ごす方にも危険があります。

フロントに最適な方法は、「オゾンケア」を利用した方法です。

オゾンケアはもともと介護用に開発された商品で、高齢者が住む部屋などを、高齢者が移動することなく脱臭・除菌が可能です。

業務用製品なので、常時稼働させておくことが可能なので、頻繁にスイッチをON/OFFする必要もありません。

ホテルのフロント近くに1台配備しておくことで、フロント付近の脱臭・除菌が実現できますし、もし大型のホテルであれば、要所要所に配備しておけばさらに効果が高まります。

オゾン発生器の一覧はコチラ

2. 廊下

宿泊客の廊下滞在時間は非常に短いです。

エレベーターを降りて、一直線に部屋に向かって入室するので、1分もいないことがほとんどでしょう。

しかし、廊下での除菌が重要な場合があります。2006年の東京メトロポリタンホテルで起こった、300人以上のノロウイルス集団感染事故は、廊下のカーペットにしみ込んだお客様の吐しゃ物にノロウイルスが含まれており、清掃後も除菌ができておらず空気中に菌がばらまかれたことが原因でした。

廊下に対するアプローチは2つです。

1つは「オゾンケア」で常時除菌を行うことです。

そしてもう1つは、カーペットなど布にしみ込んだ汚れをオゾン水で落とすことです。

高い濃度のオゾン水を大量に早く作って、時間をかけずにオゾン水除菌を行うためには業務用オゾン水生成器である「オゾンバスターPRO」を利用するのがおすすめです。

オゾン水で除菌することで、布地にしみ込んだ細菌やウイルスをほぼ完全に取り除くことができます。

これにより、「カーペットなどの布地を洗浄したが、実は細菌やウイルスが残存していて、乾燥した後に舞い上がって集団感染を発生させる」リスクをほぼなくすることができます。

オゾン発生器の一覧はコチラ

3. プール・大浴場・ジム

プールや大浴場の水・お湯は法律により正しく消毒されているホテルがほとんどだと思います。

危険なのは、プールや大浴場ではなく、更衣室だと言われています。広くない空間を多くの人が利用し、細菌やウイルスが充満しやすい環境であるからです。

細菌が湿度が高いため細菌が繁殖しやすいという点もあります。これは、ホテル備え付けのジムも同様です。

更衣室であれば、のんびり体を拭いて、着替えて、髪を乾かして、コーヒー牛乳を飲んで、としていると20分や30分を過ごす場合も多いでしょうし、ジムとなると1時間以上過ごす人もいます。

こうした環境であれば、「オゾンケア」を常時稼働させておくことが望ましいです。

オゾン発生器の一覧はコチラ

4. 荷物預かり所

ホテル共用部の脱臭・除菌をオゾン発生器で実現

意外と注意が払われないのは、荷物預かり所です。

以前、シンガポール出張中、ホテルをチェックアウト後、キャリーケースを1日預けていたのですが、受け取った後キャリケースが漢方薬くさくなっていたことがありました。

このホテルは何度も利用しているため、たまたま漢方薬が入った荷物と同じ場所に保管されていたのだと思います。

私はもう日本に帰るだけだったので問題ありませんでしたが、これから旅行する人の荷物がすべて臭くなっていたら、お客様から大クレームが来る可能性があります。

荷物を入れたり出したりするのは頻繁に発生するため、このような状況では常時稼働が可能な「オゾンケア」の利用が望ましいです。

オゾン発生器の一覧はコチラ

ホテル共用部の脱臭・除菌に最適なオゾン発生器・オゾン水生成器

お伝えいたしました通り、オゾンケアはホテルのフロント、レストラン、廊下、プール、荷物預かり所といった空間を除菌脱臭するためのオゾン発生器です。

  • 業務用スペックであること。

  • 24時間稼働できること。

  • 低濃度のオゾンのため、人がいる環境で利用できること。

  • 脱臭ならび、細菌やウイルスの除菌ができること。

これらが特徴となります。

また、2006年に東京・メトロポリタンホテルで起こった「カーペットに付着したノロウイルスが除菌できずに舞い上がって集団感染」といった事態を防ぐには、空間除菌よりも、オゾンが大量に含まれているオゾン水を利用した洗浄が効果的です(なお、ノロウイルス以外のウイルスや細菌にも効果があります)。

この際にご利用頂く「オゾンバスターPRO」の特徴は以下の通りです。

  • 短時間で大量のオゾン水を作ることができる(原料は水道水)。

  • 布地などにしみ込んだ細菌やウイルスの除菌に効果的。

ぜひ、下記の製品ページをご覧頂き、貴ホテルが最も必要な対策についてお考えいただければと思います。

オゾンケア

有人環境で安全に強力消臭
オゾンケア

使用環境 有人環境
消臭対象 強いニオイ
生成量 100mg / hr
価格 135,000円
(税別)
安全に使える常時運転オゾン発生器
オゾン水生成器 オゾンバスター

大容量オゾン水生成器
オゾンバスターPRO

オゾン水濃度 3ppm – 5ppm
生成方式 電気分解方式
生成能力 10 – 50リットル
価格 89,800円
(税別)
待望の大容量版!

売れ筋ランキング1位!
オゾンマートのベストセラーオゾン発生器です。

 
66,000 円 (税込)