オゾン発生器専門店【オゾンマート】
 

オゾン発生器に「オゾン回収機能」は必要か?

 

オゾン発生器の中には「オゾン回収機能」が付いているものがありますが、この機能は果たして必要なのか、そうでないのかについてご説明します。

皆様が、オゾン発生器を検討される際、確認する項目が複数あるかと思います。

  • 価格

  • オゾンの発生量

  • 無人環境での利用か、有人環境での利用か

  • 重さ

  • オゾン発生器(気体)か、オゾン水生成器か、それとも両方可能な発生器か

  • シガーソケットから電源を取ることが可能か、など

この、検討項目の中に「オゾン回収機能」を入れている方もいらっしゃるかと思います。

今回は、「オゾン回収機能は必要か?もし必要だとしたら、どのような場合に必要なのか」についてご説明します。

オゾン回収機能とは?

まず、オゾン回収機能とは、オゾン発生器で発生させたオゾンを強制的に分解させる機能です。

オゾン(O3)は、不安定な物質であるため、別な物質と結びついて、安定した酸素(O2)に戻ろうとする性質があります。

よって、数10分~数時間かければ必ず自然に分解されます。

オゾン回収機能は、このオゾンの自然分解を待たずに、活性炭などのフィルターを利用して、強制的に短時間で分解する機能となります。

なお、オゾン回収機能は気体のオゾン(オゾンガス)発生器の機能で、オゾン水生成器の機能ではありません。

オゾン回収機能には、オゾンの自然分解を待たずにオゾンを分解させることができるメリットの反面、2つのデメリットがあります。

オゾン発生器に「オゾン回収機能」は必要か?

1つ目のデメリットは、活性炭などのフィルターは定期的な交換という手間がかかる点です。

オゾン回収機能がないオゾン発生器は、基本メンテナンス、部品交換なしで利用ができます。

しかし、オゾン回収機能があるオゾン発生器は、定期的にフィルター交換を行わなければなりません。

2つ目のデメリットは、費用がかさむということです。

オゾン回収機能があるオゾン発生器は、オゾン回収機能がないオゾン発生器よりも本体価格が高額になります。

また、活性炭などのフィルターの交換費用もかかるため、二重で追加コストがかかることになります。

オゾン発生器の一覧はコチラ

オゾン回収機能が必要な環境とは?

弊社では、お客様より「オゾン回収機能は必要ですか?」と問い合わせがあった場合、「ごく限られた環境で必要となる場合もありますが、一般的な利用では必要ない機能です」と回答しています。

その理由は2つです。

オゾン発生器に「オゾン回収機能」は必要か?

1つ目の理由は、「換気をすれば、オゾンの分解が促進できる」ためです。

オゾン発生器を作動させた後、窓を開けて空気を入れ替えることで、新鮮な空気が部屋の中に入ってきます。

これにより、オゾンが屋外に排出されるとともに、オゾンの分解が促進されます。

オゾン回収機能を使わなくても、換気で十分なケースがほとんどです。

また、換気ができなくても、何時間か放っておけばオゾンは自然に分解されます。

2つ目の理由は、「オゾン発生器利用直後に、部屋に立ち入る必要性はほとんどない」ためです。

例えば、「毎日強力な臭いが発生するので、オゾン発生器で消臭が必要。

しかも、消臭直後に部屋に立ち入る必要がある」という場合は、オゾン回収機能がある製品が役に立つ場合もあります。

しかし、消臭直後にすぐに部屋を利用する必要があるケースは多くありません。

また、このような場合でも、換気を行えば問題ない場合がほとんどです。

よって、オゾン回収機能が必要なのは、

「換気ができない部屋でオゾン発生器を利用する」

「オゾン発生器利用直後に部屋を利用する」

の両方を満たす場合のみとなります。

なお、オゾンマートで販売するオゾン発生器には、全てオゾン回収機能を搭載していません。

ほとんどのお客様は、オゾン回収機能が不要であるためです。

一般的な利用環境ではほとんど必要がない「オゾン回収機能」を搭載することよりも、本当に必要な性能を高いレベルで提供し、不要な機能を付けないことで価格を下げることが、お客様のためになると考えています。

売れ筋ランキング1位!
オゾンマートのベストセラーオゾン発生器です。

 
66,000 円 (税込)