【医師監修】オゾンの臭い(オゾン臭)について|オゾン臭が残らない化学的な理由

 

人工オゾン発生器は今や業務・家庭向けに多くのメーカーから販売されていますが、オゾンの臭いが心配で使用を躊躇されている方もいるのではないでしょうか。

 

しかし、その心配は無用です。

オゾンは使用してもその臭いは残りません。

このコラムではその理由をしっかりとご説明します。

 

井上医師からの1ポイントアドバイス

脱臭や殺菌のために、部屋を密閉して燻蒸することは、昔から行われてきました。

「バルサン燻蒸」がよく知られています。

 

しかし、それらくん蒸剤の自然分解速度は遅く、換気をしても、環境中に残留する可能性が高いです。

オゾンの半減期は、わずか16時間なので、換気後に残留しても、問題になりません。

 

記事の監修 Dr.

オゾンマート

井上晃宏(医師・薬剤師)

三重大学医学部卒、東京大学薬学部卒。

現在は高齢者医療を中心に臨床を行っている。

 
 

除菌や脱臭に幅広く利用されるオゾン

 
【医師監修】オゾンの臭い(オゾン臭)について|オゾン臭が残らない化学的な理由
 

まずはオゾンについて、軽くご説明しておきましょう。

オゾンは以下のような性質があることから、有用な化学物質として様々な場面で生成・活用されています。

 
  • 強力な除菌脱臭効果がある

  • 使用後に有害物質が残らない

  • 人工的に生成する方法が確立されている

 

現在では設置・導入が容易な小型の人工オゾン発生器も製造・販売されており、室内の除菌・脱臭などの用途で、多くの個人住宅やホテルなどのサービス施設、病院等で利用されています。

 
 

特に、客室や公共の場等の臭いに気を使いたい空間や、病院施設内など衛生管理・感染症対策が必要な空間の除菌・脱臭では重宝されています。

また、空間だけでなく器具や衣服などモノの除菌・脱臭にも使われています。

 
 

また、多くの食品工場では、オゾン水で食品を洗浄したり、食品のパックに気体オゾンを封入するなど、オゾンを利用した除菌・洗浄法が導入されています。

オゾンで処理した食品は鮮度が長持ちするそうです。

 

オゾンは水資源の除菌にも有用で、飲用のミネラルウォーターなどは基本的にオゾンで処理されています。

ヨーロッパでは多くの浄水場でオゾンによる浄水処理が行われているそうです。

 

オゾン発生器の一覧はコチラ

 

オゾンの臭いはどんなニオイ

 

オゾンには独特の生臭いニオイがあります。

通常空気中に存在している濃度(0.005ppm)では臭いを感じませんが、濃度が0.01ppmを越えると、少し臭いがするようになります。

 

そしてさらに濃度が上がると、臭いが強くなるとともに視覚低下、気道に刺激を感じるなどの症状が出始め、高濃度になると人体に有害となります。

オゾン使用中・使用後に臭いがしたら注意が必要です。

 

オゾン [ppm]

作用

0.01 - 0.02

多少の臭気を覚える(やがて慣れる)

0.1

明らかな臭気があり、鼻や喉に刺激を感じる

0.2 - 0.5未満

3 - 6時間曝露で視覚が低下する

0.5

明らかに上部気道に刺激を感じる

1 - 2

2時間曝露で頭痛、胸部通、上部気道の渇きと咳が起こり、曝露を繰り返せば慢性中毒にかかる

5 - 10

脈拍増加、体痛、麻酔症状が現れ、曝露が続けば肺水腫を招く

15 - 20

小動物は2時間以内に死亡する

50

ヒトは、1時間以内で生命が危険になる

※ppm:100万分の1の意味。上記の場合、1ppmは空気中に体積比0.0001%含まれることを意味する。

 

オゾン発生器の一覧はコチラ

 

オゾンを使用すると、オゾン特有の臭いが残るのではないか?

 
【医師監修】オゾンの臭い(オゾン臭)について|オゾン臭が残らない化学的な理由
 

ここから本題に入りますが、オゾンに特有の臭いがすることをご存知の方は、オゾンを使用して除菌・脱臭を行うと、その臭いが後に残るのではないかと心配されるかもしれません。

 

しかし、結論から言うと、オゾンは使用後その臭いは残りません。

これにはしっかりとした科学的根拠があります。

 

オゾン発生器の一覧はコチラ

 

オゾンを使用しても臭いが残らない理由とは!?

 

まず、オゾンの化学的な性質の一つとして、「結合のエネルギーが弱い」という性質があります。

 

結合のエネルギーが弱ければどうなるのかというと、すぐにオゾン(O3)から酸素分子(O2)と酸素原子(O)に分解してしまいます。

 
【医師監修】オゾンの臭い(オゾン臭)について|オゾン臭が残らない化学的な理由
 

この分解で生まれる酸素原子は反応性が高く、他の物質に対して強い酸化作用があります。

 

この酸化力を利用すれば、細菌やウイルス、カビ、臭いの原因物質を根本から分解・除去することができます。

これがオゾンの除菌・脱臭力の源です。

 

例えば衣服を除菌・脱臭しようとして人工のオゾン発生器から気体のオゾンを吹きつけた場合を考えましょう。

 
 

生成したオゾンは自ら分解することで酸素原子を生み出し、衣服の中の有害物質を酸化して根本から除去します。

 

この時点で酸化に使われたオゾンは無くなっているので残っていません。

さらに、残ったオゾンも、時間がたてば分解し、酸素原子同士が反応して全て酸素分子になります。

 

従って、オゾンは使用してもやがて全て分解してしまい、残存しないのです。

オゾンから発せられる臭いも残るはずがありません。

 

オゾン発生器の一覧はコチラ

 

ただし、オゾンの臭いが消えるには時間がかかる場合があります

 

オゾンは結果的には残存しませんが、場所や環境によって完全に臭いが無くなるには一定の時間がかかります。

 

オゾンの半減期(濃度が二分の一になるのに要する時間)は16時間です。

つまり、生成されたオゾンの量は、16時間かけて半分になります。

使用したオゾンの量が多いほど、すべて分解してなくなるまでには、時間がかかるでしょう。

 

従って、オゾン使用中はもちろん、使用直後は高濃度のオゾンが残存している可能性が高いので、使用時は以下の点に気を付けましょう。

オゾンは高濃度になると人体に有害となります。

もちろんオゾン発生器の放出口から直接吸ったりするのも絶対禁止です。

【医師監修】オゾンの臭い(オゾン臭)について|オゾン臭が残らない化学的な理由
 

オゾン使用直後はまだ分解していないオゾンが残存しているので、換気して物理的に外へ出しましょう。

オゾンの臭いがすると思ったら注意が必要です。

 

オゾンは適切に利用すれば、安全でかつ無公害・強力な除菌・脱臭手段となります。

最終的に臭いが残ることもありませんので、是非用法を守りながら活用していただきたいと思います。

 

国民生活センターの「家庭用オゾン発生器の安全性」について

国民生活センターのレポート「家庭用オゾン発生器の安全性」について、オゾンマートとしての見解をまとめます。

 

特殊清掃でオゾン発生器が利用される理由

高齢化社会における成長産業である特殊清掃事業において、オゾン発生器がどのように活用されているかを説明します。

 

お部屋のニオイの消臭・脱臭特集!

タバコ臭・ペット臭・カビ臭・焼き肉のニオイ・エアコンのニオイなど、お部屋の臭いの消臭・脱臭についての情報をまとめています。

 

低価格 高濃度オゾン発生器
オースリークリア2

使用環境 無人環境
消臭対象 強いニオイ
オゾン生成量 300mg / hr
価格 49,800円
(税別)
信頼と実績のベストセラー商品
オゾンケア

有人環境で安全に強力消臭
オゾンケア

使用環境 有人環境
消臭対象 強いニオイ
生成量 100mg / hr
価格 135,000円
(税別)
安全に使える常時運転オゾン発生器

低価格 高濃度オゾン発生器
オースリークリア2

使用環境 無人環境
消臭対象 強いニオイ
オゾン生成量 300mg / hr
価格 49,800円
(税別)
信頼と実績のベストセラー商品
オゾンメイド

オゾンマート最上位機種
オゾンクラスター1400

使用環境 無人環境
消臭対象 強いニオイ
生成量 1400mg / hr
価格 248,000円
(税別)
オゾンマート史上最強製品登場