【医師監修】セラチア菌の性質と、オゾンによる除菌方法について(院内感染の対策法)

 

井上医師コメント

セラチア菌は、健康な人にとっては基本的に無害ですが、易感染患者に感染すると様々な症状を引き起こすリスクがあります。

 

特に医療施設や福祉施設における院内感染には注意すべき病原菌でしょう。

このコラムでは、そんなセラチア菌の特徴と、セラチア菌をオゾンによって除菌する方法をご紹介します。

 

記事の監修 Dr.

オゾンマート

井上晃宏(医師・薬剤師)

三重大学医学部卒、東京大学薬学部卒。

現在は高齢者医療を中心に臨床を行っている。

 
 

セラチア菌とはどのような細菌?

 
 

セラチア菌は水や土壌に広く分布しており、室内では洗面台や浴室などの湿潤環境にも存在しています。

表面に付着してバイオフィルムを形成していることもあります。

また症状の出ていない尿路保菌者や不適切に扱われた注射薬・輸液内などに存在することもあるそうです。

 
 

病院などの室内では、主に湿潤環境でセラチア菌に汚染された手や指を介して器具・薬剤・物品などに細菌が伝播していきます。

そして、最終的には人に感染することがあります。

 

オゾン発生器の一覧はコチラ

 

セラチア菌に感染するとどうなるの?

 
【医師監修】セラチア菌の性質と、オゾンによる除菌方法について(院内感染の対策法)
 

セラチア菌は病原性が弱いので、通常健康な人に対しては無害です。

しかし、手術の後や基礎疾患にかかるなど、何らかの理由で感染リスクが高まった易感染患者に対しては、肺炎や腹膜炎、敗血症、髄膜炎、尿路感染症などを引き起こし、ひどいケースでは多臓器不全により死亡に至るリスクもあるとされています。

 

このため、易感染患者が多く、また手術などで感染しやすい部位を細菌に晒すリスクが高いと思われる医療施設や福祉施設などでは対策が必要な病原菌だと言えるのではないでしょうか。

 

オゾン発生器の一覧はコチラ

 

病院や福祉施設などで行えるセラチア菌対策

 

セラチア菌は、主に室内では洗面台や浴室などの湿潤環境に存在するので、まずはそういった所を清掃して清潔に保つことが基本でしょう。

 

ただし、環境に常に存在するセラチア菌をすべて殺滅するのは困難であると考えられますので、感染の原因をある程度特定して対策を行うというのが効果的かもしれません。

以下に対策例をいくつかご紹介しましょう。

【医師監修】セラチア菌の性質と、オゾンによる除菌方法について(院内感染の対策法)
 

やはり手や指を介して接触などで感染することが多いです。

特に人の感染しやすい部位に接触する際は必ず手の洗浄・消毒を行い、手袋を装着するべきでしょう。

【医師監修】セラチア菌の性質と、オゾンによる除菌方法について(院内感染の対策法)
 

食器や洗面器具は湿潤環境でセラチア菌に汚染されやすいかもしれません。

また、医療器具も含めて人に接触しやすく感染を招きやすいと考えられます。

熱水による洗浄や消毒を定期的に行うなどの対策を行うべきでしょう。

【医師監修】セラチア菌の性質と、オゾンによる除菌方法について(院内感染の対策法)
 

こちらは主に医療施設の場合になるかと思われますが、不適切に扱われた輸液や注射薬、低水準の消毒薬がセラチア菌に汚染されることもあるそうです。

 

輸液や注射薬からはセラチア菌が易感染患者に血流感染する危険性があり、低水準の消毒薬は消毒の際に他のものをセラチア菌で汚染するリスクがあります。

 

このようなリスクを避けるために、特に患者に投与するような薬剤を使用する場合、厳格な衛生管理を行うことが必要でしょう。

 

以上が基本的な対策となるのではないでしょうか。

ただし、セラチア菌は抗菌薬に対して耐性を持つものもあり、的確に対策を行うことは一筋縄ではいかないようです。

各種消毒薬を適切に扱うのも大変な労力となるでしょう。

 

ここでお勧めしたいのが、オゾンを利用した除菌方法です。

 

オゾン発生器の一覧はコチラ

 

セラチア菌の除菌にはオゾンをお勧めします

 
【医師監修】セラチア菌の性質と、オゾンによる除菌方法について(院内感染の対策法)
 

オゾンとは、O3という分子式で表される化学物質の名前です。

除菌や脱臭に広く用いられています。

 

実はオゾンには、セラチア菌を除菌する効果があります。

下記は日本医療オゾン学会獣医部会「動物臨床におけるオゾン水の利用指針」より引用した、オゾン水(オゾンを溶け込ませた水)の除菌効果に関するデータです。

2mg/Lのオゾン水に対して、最終的にはセラチア菌は不検出となっていますね。

試験菌 試験液 残存生菌数 (CFU/Plate)
オゾン水濃度 コントロール 5秒後 15秒後 30秒後 60秒後 90秒後
MRSA 2mg / L 6.0 x 105 8 8 不検出 不検出 不検出
O-157 2mg / L 6.0 x 105 不検出 不検出 不検出 不検出 不検出
サルモネラ菌 2mg / L 6.0 x 105 30 3 不検出 不検出 不検出
セラチア菌 2mg / L 6.0 x 105 7 不検出 不検出 不検出 不検出
緑膿菌 2mg / L 6.0 x 105 80 2 不検出 不検出 不検出
腸炎ビブリオ 2mg / L 6.0 x 105 不検出 不検出 不検出 不検出 不検出

引用図書: 「動物臨床におけるオゾン水の利用指針」日本医療オゾン学会 獣医部会

 
 

このようにオゾンが菌などを除菌する力を持っているのは、オゾンに強い酸化作用があるからなのです。

 

オゾンは結合のエネルギーが弱いため、簡単に分解してしまいます。

この時に生まれるのが酸素分子(O2)と酸素原子(O)です。

 
【医師監修】セラチア菌の性質と、オゾンによる除菌方法について(院内感染の対策法)
 

このうち、酸素原子は反応性が高く、他の物質を酸化する作用を持っています。

これがオゾンの酸化力の源で、その強さはフッ素に次ぐと言われています。

 

この分解による酸化作用によって、細菌やウイルス、カビや有害物質などを強力に分解・除去してくれます。

 

さらに、オゾン分解後はすべて酸素になるので、使用後に有害物質が残ることもありません。

除菌・脱臭の手段としては極めて便利で効果の高いものとなりますね。

 

オゾン発生器の一覧はコチラ

 

オゾン発生器によってセラチア菌を除菌する方法をご紹介

 

医療施設や介護施設、その他サービス施設などでオゾンによる除菌を行いたい場合、市販の人工オゾン発生器を利用することができます。

ここではオゾン発生器を用いた除菌方法を少しご紹介しましょう。

無人環境用のオゾン発生器とは、高濃度のオゾンを気体として発生させて空気中に放出する器機です。

 

除菌を行いたいときは、無人にした室内空間に設置して、本体から気体オゾンを一定時間放出しましょう。

そして十分な量のオゾンを放出したら、室内のオゾンが分解し空気の除菌を行ってくれるので一定時間待機します。

 
 

待機が終わったら部屋を換気しましょう。

これで除菌は完了です。

 

高濃度の気体オゾンによる除菌は、定期的に施設内の空気全体を除菌したい場合に有効な手段となるでしょう。

続いてはオゾンを溶け込ませた水であるオゾン水を作って除菌を行う方法をご紹介します。

 

手指や、食器・洗面器具、医療器具など特に重点的に除菌すべきものに対してはオゾン水で洗浄・除菌すると良いでしょう。

 

オゾン水は、市販のオゾン水生成器を使えば簡単に作ることができます。

 
 

オゾン水が生成出来たら、濃度が薄くならないうちに使用します。

除菌したいものをオゾン水の中につけ置きましょう。

 
 

サイズが大きいものや、水中につけ置くことができないものは、例えばオゾン水を霧吹きで吹きかけたり、布に染み込ませて拭くことだけでも除菌することが可能です。

 

オゾン発生器の一覧はコチラ

 

セラチア菌の除菌にはオゾンをご活用ください

 

以上、オゾンによってセラチア菌を除菌する方法をご説明してきました。

医療施設や介護施設を運営されている方などには、特におすすめしたい除菌方法です。

しっかりとした除菌効果があり、導入も容易なので、これを機に利用されてみてはいかがでしょうか。

 

低価格 高濃度オゾン発生器
オースリークリア2

使用環境 無人環境
消臭対象 強いニオイ
オゾン生成量 300mg / hr
価格 49,800円
(税別)
信頼と実績のベストセラー商品
オゾンケア

有人環境で安全に強力消臭
オゾンケア

使用環境 有人環境
消臭対象 強いニオイ
生成量 100mg / hr
価格 135,000円
(税別)
安全に使える常時運転オゾン発生器

低価格 高濃度オゾン発生器
オースリークリア2

使用環境 無人環境
消臭対象 強いニオイ
オゾン生成量 300mg / hr
価格 49,800円
(税別)
信頼と実績のベストセラー商品
オゾンメイド

オゾンマート最上位機種
オゾンクラスター1400

使用環境 無人環境
消臭対象 強いニオイ
生成量 1400mg / hr
価格 248,000円
(税別)
オゾンマート史上最強製品登場