タクシー車両をオゾンで脱臭すべき5つの理由

 

タクシー業界にとっては、お客様を正確に、早く目的に届けることに加えて、リピート客を獲得するという意味では「快適さ」も重要な指標となります。

この観点で、なぜタクシー車両をオゾンで脱臭しなければならないかを、5つの理由とともにお伝えします。

 
タクシー車両をオゾンで脱臭すべき5つの理由
 

1. お客様のたばこの臭い

 
タクシー車両をオゾンで脱臭すべき5つの理由
 
 

タクシーで最も問題となる臭いは、お客様のたばこの臭いです。

全社禁煙車両というタクシーも増えていますが、特に地方のタクシー会社となるとお客様のニーズもあり、一律に禁煙は難しいのが実情です。

 

たばこの臭いによる問題は2つあります。

 

1つめは、喫煙されるお客様がたばこを吸った後に、非喫煙者のお客様が載ってきた場合、車両がたばこ臭いという点です。

これは、「XXタクシーに乗ったらたばこ臭かった」という悪い評判につながってしまいます。

SNSが発達したので、個人の悪評が昔と比べて大きな問題になりやすいのです。

 

2つめは、喫煙しないタクシードライバー(乗務員、タクシー運転手)さんが増えてきているということです。

喫煙するタクシードライバーは、タクシー車両が若干タバコ臭くても「まあ仕方ない」と寛容です。

しかし、非喫煙者からすると、これから数時間乗務する車両がたばこ臭いのは、拷問と思えるほど嫌なものです。

ドライバー採用が厳しさを増す中、たばこ臭い車両をそのままにしておくことはドライバーの雇用の観点で大きなマイナスです。

 

オゾン発生器の一覧はコチラ

 

2. ドライバーの体臭・加齢臭

 
タクシー車両をオゾンで脱臭すべき5つの理由
 

タクシードライバーの高齢化が進んでいるため、いわゆる「加齢臭」がきついドライバーが増えています。

そして、真夏などはこれに加えて汗の臭いが加わってくるため、車内はかなり強い臭いがしてしまいます。

加齢臭や汗の臭いは、なくすように努力しろといっても、タクシーを長時間運転するという業務形態上、問題を根本的に解決することは難しいのが実情です。

 

この加齢臭と汗の臭いは、お客様が不快な思いをすることに加えて、交代時に臭いがきつい車両に乗り込むドライバーの2つの観点でマイナスです。

 

オゾン発生器の一覧はコチラ

 

3. お客様の化粧・香水の臭い

 
タクシー車両をオゾンで脱臭すべき5つの理由
 

女性だけでなく、最近では男性の外国人観光客でも顕著になってきました。

化粧品の独特なにおい、そして強い香水の臭いは長時間タクシーの車両の中に残ります。

そして、後で乗ってきた別なお客様や、ドライバーに不快な思いをさせてしまいます。

 

なお、化粧や香水による臭いで苦労しているのはホテル業界も同じです。

タクシー業界だけでなく、ホテル業界も多くオゾン発生器を導入して、客室の脱臭に日々励んでいます。

 

オゾン発生器の一覧はコチラ

 

4.かびの臭い

 
タクシー車両をオゾンで脱臭すべき5つの理由
 

雨が多い時期に、傘を持ったお客様が載ってきた場合に、タクシーのマットに雨がしみ込んでしまい、これがカビ臭いにおいにつながります。

もちろん、車両やマットをこまめに清掃すれば臭いは防げます。

しかし、タクシー車両を次に清掃・洗浄するタイミングよりも、臭いがするタイミングのほうが先に来てしまいます。

 

結果、タクシーに乗ったお客様に「雨の季節にタクシーに乗ったら、ひどくかび臭かった」という評価をされてしまいます。

 

オゾン発生器の一覧はコチラ

 

5. 吐しゃ物・液体をこぼした臭い

 
タクシー車両をオゾンで脱臭すべき5つの理由
 

タクシー車内でお客様が派手に吐いてしまった場合、その後お客様を乗せるわけにはいかないので、車庫に戻る場合が多いかと思います。

しかし、吐いたといっても少量であった場合や、液体をシートにこぼした場合であれば、そのまま営業を続けることもまた多いかと思います。

 

問題は戻った後です。

消臭スプレーをシートに吹きかける、濡れた布でシートをしっかり拭く程度の応急処置をしたとしても、臭いは簡単にぶり返します。

臭いのもとが完全に分解されたわけではないためです。

 

また、別な問題も考える必要があります。

特に冬はノロウイルスの発生が急増する時期です。

車内で嘔吐したお客様の対応が通常の車内洗浄だけだった場合、ノロウイルスは残存してしまう可能性があります。

この場合、お客様はドライバーがノロウイルスに二次感染する可能性もあり危険です。

 

なお、オゾンは脱臭に加えてノロウイルスやインフルエンザ、O157の除菌も行えます。

水道水にオゾンを溶け込ませて、この水を浸かって車両を洗浄することで、脱臭と除菌を同時に行えます。

 

オゾン発生器の一覧はコチラ

 

タクシー車両の脱臭に最適なオゾン発生器とは

 

では、タクシー会社にとって最も効果的なオゾン発生器を2つピックアップしてみたいと思います。

いずれも、シガーソケットから電源が取れるので、場所を選ばすにオゾン脱臭できます。

また、オゾン水を作ることができるタイプなので、ノロウイルス対策にも安心です。

 

車両が何十台以上あるのが当たり前のタクシー会社にとっては、脱臭作業をドライバー交代のタイミングで短時間で行えるかどうかが非常に重要になります。

この観点から最もおすすめできるのが、我々オゾンマートで最もオゾン発生量が多い「オゾンクラスター1400」です。

 

最短5分でオゾン脱臭作業が完了するため、短時間で大量の車両を脱臭できる点に最も強みがあります。

ドライバーの交代が重なるタイミングであっても、最短5分で終わるのであれば忙しいドライバーであっても、臭い対策を行うことができるためです。

 

次におすすめできるのが、オースリークリア2です。

オゾン発生量が「オゾンクラスター1400」より少ないため、オゾン脱臭にかかる時間は30分前後となりますが、車両が少ないタクシー会社さんであれば、これで十分という場合もあるかもしれません。

 

なお、こちらの機種を導入頂いている京都のタクシー会社様の導入事例はこちらになります。

比叡山観光タクシー株式会社 様

オースリークリア2
自動車関連事業
 

タクシーの車内脱臭にオゾンを活用。車内環境の向上によりお客様・乗務員の満足度向上。 ... 続きを読む»

国民生活センターの「家庭用オゾン発生器の安全性」について

国民生活センターのレポート「家庭用オゾン発生器の安全性」について、オゾンマートとしての見解をまとめます。

 

特殊清掃でオゾン発生器が利用される理由

高齢化社会における成長産業である特殊清掃事業において、オゾン発生器がどのように活用されているかを説明します。

 

お部屋のニオイの消臭・脱臭特集!

タバコ臭・ペット臭・カビ臭・焼き肉のニオイ・エアコンのニオイなど、お部屋の臭いの消臭・脱臭についての情報をまとめています。

 
オゾンクルーラー

マイナスイオン生成機能付き
オゾンクルーラー

使用環境 有人環境
消臭対象 すぐわかるニオイ
オゾン生成量 200mg / hr
価格 49,800円
(税別)
マイナスイオン 800万個 / cm 2
オゾンケア

有人環境で安全に強力消臭
オゾンケア

使用環境 有人環境
消臭対象 強いニオイ
生成量 100mg / hr
価格 135,000円
(税別)
安全に使える常時運転オゾン発生器

低価格 高濃度オゾン発生器
オースリークリア2

使用環境 無人環境
消臭対象 強いニオイ
オゾン生成量 300mg / hr
価格 49,800円
(税別)
信頼と実績のベストセラー商品
オゾンメイド

オゾンマート最上位機種
オゾンクラスター1400

使用環境 無人環境
消臭対象 強いニオイ
生成量 1400mg / hr
価格 248,000円
(税別)
オゾンマート史上最強製品登場