オゾン発生器 専門店オゾンマート
TEL 050-3736-8345
お問い合わせ 資料請求

トップページ >> 商品一覧 >> オゾンストリーム

業務用オゾン水生成器 | オゾンストリーム

 

 

 

 

 

 

 

オゾン水とは、水の中にオゾンを溶け込ませた、除菌効果のある水です。

オゾンは国から食品添加物としての使用も認められた、自然界にある「O3」という元素です。

酸素(O2)と違って不安定な元素なので、すぐに酸素(O2)に戻ろうとします。

 

オゾンは菌やウィルスなどを破壊しながら酸素に戻ります。

薬品と違って残留しないことが大きなメリットで、消臭や除菌によく使われています。

そのオゾンを水に溶かすことによって、除菌効果が高く、残留しない除菌用の水となります。

オゾン水は、除菌のための塩素や、農薬の代わりに使われています。

 

 

 

 

オゾンストリームは、水道の水量に合わせて設計しました。

水道は1分間に、約16リットルの水が出ます。

オゾンストリームは、1分間に1ppmのオゾン水を、15リットル作ります。

水道の蛇口を目一杯開いても、15リットルに制御されます。

 

オゾンストリームはカスタマイズも可能です。

1ppmだけでは物足りない、2ppmとか、3ppmは欲しい、ということであれば、オゾン発生体を増やせばOK。

オゾンストリーム内のオゾン発生体を1つ追加し、2つにすれば、1分間に15リットル、2ppmのオゾン水ができます。

2つ追加し、3つにすれば、同様に1分間に15リットル、3ppmのオゾン水ができます。

カスタマイズには、オゾン発生体を1つ追加すると、25万円(税別)費用がかかります。

 

 

 

 

オゾン水生成機を検討するにあたり、比較すべき基準は、性能と価格でしょう。

価格はわかりやすいですね。値段が高いか、安いか。それだけですから。

わかりにくいのは性能です。

性能を比較する時に考慮すべき基準は3つあります。

 

・1分間に何リットルのオゾン水を作れるか。

・どのくらいの濃度の、何ppmのオゾン水を作れるか。

・手離れ、使いやすさはどうか。

 

この3つです。

まず1つめ。必要なオゾン水の量について。

業務用で使うものであれば、優先順位としてはここが特に重要かもしれません。

自社でオゾン水を使う時に、どのくらいの水量が必要なのか、考えてみてください。

水量はそんなに必要ない、1分で3~5リットルくらいあればいい、ということであれば、もっと小型の製品で良いかもしれません。

水道と同じくらいの量が必要だよという場合は、1分で15リットル前後の製品を選ぶべきでしょう。

水量は本当に重要なポイントで、ここをクリアできている製品は少なく、オゾンストリーム以外は大変高額です。

 

次に2つめ。どの程度の濃度が必要なのか。

通常の除菌であれば、1ppm以上の濃度があれば、ほとんどの菌体を除菌できます。

しかしながら、2ppm、3ppm程度の濃度が欲しいということもあるでしょう。

ここが優先順位的に高ければ、ちょろちょろと少量しか出ないオゾン水でも、濃ければ良いということになります。

オゾンストリームは1ppmのオゾン水を作ることができますが、カスタマイズすれば最大3ppmまで生成可能です。

 

最後3つめ。手離れ、使いやすさはどうかということです。

例えば、オゾンストリームは、電源を入れて蛇口をひねれば、水道の水と同じようにオゾン水が出てきます。

蛇口を閉じれば、水道の水と同じようにオゾン水は止まります。

オゾンストリームはできるだけ簡易に扱えるように設計されています。

他社製品は、まずポンプのスイッチを入れ、次に酸素ボンベを開き、次にオゾンのスイッチを入れ、蛇口をひねり、終了する時は、まずオゾンのスイッチを切り、次にポンプのスイッチを切り、酸素ボンベを閉じ、蛇口を閉める、などと煩雑なものが多く、この意味でオゾンストリームの簡便さは革命的と言っても過言ではないでしょう。

 

オゾンストリームは、

 

・1分間に15リットル、一般の水道とほぼ同じ水量が出ます。

・除菌に十分な1ppmのオゾン水を生成でき、必要であれば2ppm、3ppmまでカスタマイズ可能です。

・手離れ良く、蛇口をひねればオゾン水が出て、蛇口を閉じれば停止します。

 

 

 

 

オゾン水は塩素以上に除菌効果が高く、塩素などと比較すると、残留性がありません。

例えば、食品加工や調理時に、次亜塩素酸ではなくオゾン水を使って作業をするとします。

塩素もオゾン水も除菌効果は同じとしても、塩素は食品に残りますが、オゾンは気化して何も残りません。

ご存知の通り、塩素は体に良くないと言われており、オゾンは残留しないので人体に害はありません。

除菌はされているけど、塩素の残っている食べ物、同じく除菌されていて、何も残ってない食べ物、どちらが好まれるでしょうか。

 

除菌のためにこれまで塩素が使われていたのは、値段が安いからです。

利潤を求めなければどんな業種であれ経営は成り立たないので、害はあっても安い塩素の方が、求められてきました。

しかしながら、オゾンストリームの出現で、コストの差は随分近づいたと言っていいでしょう。

また、大量の塩素を使用すると、後処理が必要になります。

それがオゾン水の使用に切り替えれば、後処理も必要ありませんし、環境に負荷もかけません。

 

農薬の代わりにオゾン水を使う農家も増えています。

有機栽培、水耕栽培をやりたい、しかしそうすると、一定のリスクが生じる。

それを、オゾン水で解決し、高品質の農作物を生産する事業者も増えています。

ゴルフ場でも、農薬の代わりにオゾン水が使われるようになってきています。

 

「お客さんにはわからないだろうから、塩素のままでいいだろう、農薬を使うままでいいだろう」

もちろん、わかる人は少ないかもしれません。

ただし、アピールすれば、誰もが知ることになります。

「うちの料理はオゾン水を使っており、塩素を使っていません、うちの食品は農薬を使わず、オゾン水で作ってます」

そう言った時に、お客さんは気づきます。他との違いを。

塩素や農薬をオゾン水に変え、それを主張することで、数ある事業者の中で、環境に配慮する会社、人の健康を真剣に考えている会社、と評価されるでしょう。

実際に、そのような評価を得ているという喜ばしい声も、頻繁に耳にしています。

一見すると、大きな価値ではないように思えるかもしれません。

しかし、人や環境に配慮することを社会的義務として行動している会社は、必ず後々評価されるでしょう。

 

 

 

 

導入事例1 新潟県上越市 越後高田ワールドスーパーライス様

越後高田ワールドスーパーライス様は、米どころの新潟県上越市に、大きなビニールハウスを設置し、無農薬、有機栽培のパプリカを生産しています。

 

国の減反政策によって米の生産に使っていた水田が使えなくり、その土地を有効利用しようと、パプリカの無農薬有機栽培を始めることにしました。

 

上水道から水を確保するとコストが高くなるので、井戸水を組み上げて、その水を使って栽培することに。

しかしながら、水田で長年稲作を行っていたため、地下水に農薬が混ざっており、そのままでは無農薬有機栽培はできないことが分かりました。

井戸水に含まれる農薬を、なんとか分解することは出来ないか、ということで、オゾンストリームを導入。

汲み上げた井戸水をオゾン処理し、オゾン水にすれば、農薬は分解できます。

見事に農薬は分解され、オゾン水となり、当初想定していた通り、無農薬有機栽培のパプリカを育成できるようになりました。

さらに、パプリカの栽培で問題になりがちな「灰色カビ病」も、オゾン水の除菌効果のおかげか、オゾンストリームを導入して以来、まったく被害はありません。

また、オゾン水でパプリカを栽培するようになって、パプリカの糖度は40%も上昇しました。

 

 

オゾンストリームは旧タイプのものです。
酸素はPSA(酸素発生器)から取り込んでいます。

地下水を汲み上げてオゾン処理されたオゾン水は、
このタンクに貯蔵されます。

 

 

ビニールハウスの中に入ると、パプリカの苗が広がります。
まっすぐに、遠くまで、オゾン水が供給されています。

このレールの上をトロッコのような機材が走ります。
パプリカは人の手で丁寧に収穫されます。

 

 

ひとつひとつの苗に、直接オゾン水を注入します。
農薬は一切使用していません。

これはパプリカの苗をアブラムシが食べないように、
麦を植えてアブラムシの天敵を育成しています。

 

 

赤のパプリカ。無農薬、有機栽培にこだわって、
オゾン水で育てた、大変健康的なパプリカです。

黄色のパプリカ。オゾン水で育てることで、
糖度が40%アップしたとのことでした。

 

 

収穫されたパプリカ。
無農薬にこだわり抜き、とても新鮮で美味しいです。

赤の大玉、小玉、黄色の大玉、小玉に分け、
さらに重さで選別していきます。

 

 

選別し、袋詰めしていきます。

袋詰めされた状態。本農場のパプリカは、大人気です。
オゾンストリームが役に立てていることを実感します。

 

 

 

導入事例2  群馬県吾妻郡 美野原カントリークラブ様

美野原カントリークラブ様は、2014年11 月14 日に、日本初の オーガニックカントリーの認証を取得致しました。

ゴルフ場はそもそも、その広大な敷地に大量の農薬を散布し、 芝生を育てます。

毎年毎年、連日連夜、農薬を散布する5とで、地下水まで浸透し、川から海へ流れ込みます。

人間が遊ぶだけのために、このような環境負荷や環境汚染が、 知らぬ間に、大規模に行われているのです。

美野原カントリークラブ様は、そのようなゴルフ場の現状を憂い、農薬を使わずに運営することはできないだろうかと考え、 環境への負荷がないオゾン水を使ってグリーンを管理することにしました。

短時間で大量のオゾン水が必要、となると、選択股はオゾンストリームのみ。

オゾンストリームは 1 分間に15リットル、1ppmのオゾン水を放出することができます。

普通の水道が一般的に、1分間に16リットルの水が出るということを考えると、ほぼ同量。

ゴルフ場への散水としては十分な水量であり、作業に支障もありません

 

 

美野原カントリークラブのコースです。
春に撮影を行ったので、芝生はまだみずみずしくありません。

ところどころに桜が咲いています。
美しいコースです。

 

 

夏に向けて、徐々に緑が増えていいます。

オゾンストリームでオゾン水を散布し、
芝も絹麗に整備され ています。

 

 

ロビーでは、完全無化学農薬、無化学肥料化を行っている旨 が、
支配人の手書きで書かれています。

農薬や化学肥料を使わず、環境に負荷のないオゾン水で
ゴルフ場を創ってゆく想いが伝わってきます。

 

 

 

 

 

 

 

オゾン発生方式 無声放電方式
原料ガス 酸素(酸素ボンベもしくはPSA)
オゾン発生量 2,000〜3,000mg/hr
オゾン水流量 3〜25 リットル/min
オゾン水濃度 1ppm 以上 上水道水 水温10℃ 15L/min にて ※1
出口圧力 20Kpa 以内
電源 AC100V 50/60Hz 700W
環境条件 生活環境、凍結なきこと

※1表示は代表値です。水温、水質等で変化します。1ppm 以上を保証するものではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オゾンストリームは基本的にメンテナンスが必要のない設計になっています。

消耗品もありませんし、継続的なメンテナンス契約もありません。

ですので、納品後、ずっと安心して使えます。

 

ただし、オゾンの原料として、酸素が必要になります。

オゾンストリームは、酸素を取り込んでオゾンを作り、そのオゾンを水に溶かして、オゾン水を作っています。

空気を原料にすると、酸素は20%程度しか取り込めず、濃い濃度のオゾン水が作れません。

また、食品関連でオゾン水を使用する場合は、酸素のみを原料とする必要があります。

空気を原料にすると、オゾン水に不純物が入ってしまうからです。

食品に使う場合、不純物の入ったオゾン水で除菌することは禁止されています。

お近くの、酸素ボンベを取り扱っている事業者さまに相談して、酸素ボンベを時折交換してください。

事業者の選定が必要な場合は、オゾンマートが近隣の事業者を探し、納品時にご紹介します。

 

 

 

 

オゾンマートはネット専業。営業マンのいる競合他社と比べると、メリットは価格の圧倒的な安さです。

でも、高額な商品。アフターフォローやメンテナンスも気になるところです。

しかし、ご安心ください。メンテナンスも低価格で、しかも、特急で行っています。

 

一般的に、オゾンストリームくらいの大きさの機械であれば、メンテナンス契約をして、毎月数万円支払うケースが多いです。

何かあれば、その毎月のメンテナンス契約の一環として、営業マンや技術者が訪問し、解決するというパターン。

もしくは、トラブルが起こった時に、技術者に来てもらって、その都度メンテナンス料金を支払うというパターン。

メーカーや代理店に来てもらう、というのは、どうしても高い費用が発生します。高額なのです。

 

オゾンマートのメンテナンスはとてもシンプルです。

万一のトラブルの際は、すぐにオゾンストリームの代替機をお送りします。

トラブルのあったオゾンストリームは、代替機の入っていた箱に入れて、そのまま宅急便で送ってください。

オゾンマートの技術チームがすぐに修理・修繕致します。

修理したオゾンストリームは、すぐにお手元まで発送します。

今度は修理したオゾンストリームの入っていた箱に入れて、そのまま宅急便で送ってください。

要は、送って頂くだけで、メンテナンスを完璧に行います。

部品の交換等が必要なければ、工賃として1万円だけで、メンテナンス致します。

あなたは、営業マンの出張費と、宅急便の発送料、どちらが高いと思いますか?

 

 

 

 

本ホームページにたどり着く前に、競合他社の、多くのホームページを見られたかもしれません。

もしかすると、このページが、初めて見るオゾン水生成機のホームページかもしれません。

そうであれば、是非、他社製品もみてください。

すると、ある現実に気づくはずです。

そう、業務用の強力なオゾン水生成機であれば、価格を明確に出している会社など、1社もありません。

オゾンマートは価格を開示できるのに、なぜ、競合他社は価格を見せられないのか。

その答えは、オゾンマートにその他大勢とは違う特徴があるからです。

 

オゾンマートはネット専業で、ほとんどインターネット経由でしか販売をしていません。

そして、オゾンマートのオゾン発生器のほとんどは、オゾンマートのホームページからしか買えません。

つまり、代理店に卸したり、営業マンに売らせたりしていないのです。

 

 

 

 

中身を中国から輸入して、外見だけ日本で変えて、日本製と謳っている業者も知っています。

そのような製品は、安かろう、悪かろう、がよく当てはまってると言えます。

しかし、オゾンストリームは設計から製造まですべて日本で行われ、部品もほぼすべて日本製です。

オゾンマートは一部の商品について、中国でOEM生産も行っています。

だから、わかるのです。違うのです。技術力が。

 

オゾンストリームについて、品質面の妥協は絶対にしたくありませんでした。

製造を中国で行い、品質を落とすことによって、価格を抑えてお客様に提供する、ということはしませんでした。

日本で、日本のエンジニアが作る製品は、やはりレベルが高いです。

中国と日本の両方の現場を知っているので、よくわかります。

日本の技術力は圧倒的に高い。

ですので、オゾンストリームは日本で、日本人の手によって製造することに決めました。

 

では、どうすれば、低価格で、高品質の日本製品を、日本全国の数多くのお客様に届けることができるのだろうか。

そう考えた結果が、インターネットによる直接販売でした。

オゾンストリーム、製品は日本製で、高品質です。

正直、コストも競合製品よりも高いかもしれません。

でも、販売価格は競合製品よりも、圧倒的に安いのです。

それは、インターネットのみで販売しているから。

 

競合製品の代理店への卸価格が、オゾンマートは、お客様への販売価格になっているのです。

オゾンマートの商品は、代理店の利益が乗っておらず、営業マンの人件費が乗っておらず、営業にかかるガソリン代や飛行機や鉄道などの経費が乗っていません。

安かろう、悪かろうではなく、安いこと、品質が良いことを、同時に達成した製品。

それが、オゾンストリームなのです。

 

 

 

 

現状、たくさんのご注文を頂いておりまして、現在の納期は、ご注文後1ヶ月~45日となっています。

とりわけ、農業、工業、食品関連で人気の商品となり、おかげさまで量産体制が整いつつあります。

オゾン濃度アップのカスタマイズをご希望の場合の納期も同様に、ご注文後1ヶ月~45日です。

納品時のみ、弊社エンジニア、もしくはパートナー会社のエンジニアが、設置にお伺いします。

出張費用、施工費用は別途申し受けています。

出張施工費は以下のようになっておりますので、ご確認下さい。

 

[北海道]75,600円

[北東北]64,800円(青森、秋田、岩手)

[南東北]43,200円(宮城、山形、福島)

[関東]43,200円(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、神奈川、東京都、山梨)

[信越]43,200円(新潟、長野)

[中部]54,000円(静岡、愛知、三重、岐阜)

[北陸]54,000円(富山、石川、福井)

[関西]54,000円(大阪府、京都府、滋賀、奈良、和歌山、兵庫)

[中国]54,000円(岡山、広島、山口、鳥取、島根)

[四国]54,000円(香川、徳島、愛媛、高知)

[九州]64,800円(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島)

[沖縄]86,400円

※ 上記価格は税込表示です。

 

 

 

 

オゾンストリームは商品本体+納品時施工費+納品時出張費+消費税、この総額がご購入代金となります。

ご注文はショッピングカート、もしくは、FAX申込書でお願い致します。

お支払いは、ご注文時に一括、もしくは、ご注文から1週間以内にご購入代金の半額、オゾンストリーム納品時に半額を、銀行振込にて申し受けております。

申し訳ないのですが、分割払いやリースの取り扱いはありませんので、ご了承ください。

 

また、オゾンストリームは値下げ等は行っておりません。

本製品よりも安い製品は日本国内にありません。

他社製品が値下げしてきても、どの会社もオゾンストリームの価格まで下げることはできません。

大量購入される場合でも、値下げは行っておりません。

オゾンストリームは、それだけ圧倒的な自信と実績を持った製品です。

お客様の顔色や足元を見て、価格を変えるようなことは致しません。

そしてそれは、これまでご購入頂いた大切なお客様への非礼にもなります。

値下げ交渉を行われても、お受けすることは出来かねますので、あらかじめご了承ください。

 

 

 

 

1年間は、無償保障期間とさせていただきます。

オゾンストリームをご購入後1年以内に、本体が故障した場合、無償で修理致します。

購入時に送られてきました箱等に入れて、弊社にお送りください。 購入して1年が経過した後の修理は有償になります。

さほど大きなものではないので、万一故障した際は、宅配便等でお送りください。

※ 送料はご負担ください

※ 分解したり、意図的に壊された場合、また、説明書通りにお使い頂けず故障した場合は、1年以内でも有償となります。

※ 到着後、早急に修理させていただきます。 保証期間終了後の費用につきましては、故障の内容によって変わります。

 

オゾンストリームをご使用後、是非ご感想をお寄せください。

もしくは、弊社マーケティングチームに、取材させてください。

当ホームページやパンフレットにて、環境や人に優しい企業様として、ご紹介致します。

また、ご感想をお寄せ頂いた場合、弊社オゾン発生器「オースリークリア2」(税別79,800円)をお礼として、無料で差し上げております。

ご希望の場合は、弊社にご連絡頂き、取材日を調整頂くか、

 

オゾンストリームを「ご購入された理由」(100文字以上)

オゾンストリームを「どのように使用されているか」(100文字以上)

オゾンストリームの「良い点」(200文字以上)

オゾンストリーム「ご使用中のお写真(5枚以上)

 

を、info@ozonemart.jp まで、電子メールにてお送りください。

 

 

 

 

さて、オゾンストリーム、いかがでしたでしょうか。

オゾンストリームよりもコストパフォーマンスの優れた オゾン水生成機を見つけることは、出来ないはずです。

インターネットでいろいろなオゾン水生成機を調べて、比較してみてください。

1分間に15リットルもの水量で、1ppm以上の濃度を担保するオゾン水生成機で、100万円を切るオゾン水生成機が他にあるでしょうか?

前述た通り、オゾンマートはネット専業。 工場とエンドユーザー様をつなぐ橋の役割であるが故に、低価格を実現しています。

また、文中でお伝えした通り、このレベルの オゾン水生成機で、価格を明確に出している業者は ほとんどありません。

価格を提示しない業界で、正直に明瞭安価で挑むオゾンストリームを、是非、お買い求めください。

 

 

 

 
トップページ   オゾンリフレッシュ    オゾンクルーラー    オゾンメイド    オゾンバスター    オゾンストリーム    お客様の声

Copyright©2014 Ozone Mart All Rights Reserved.

 

〒812-0011 福岡市博多区博多駅前1丁目15番20号NOF博多駅前ビル2階
TEL 050-3736-8345 FAX 050-3737-4345