オゾンコラム カテゴリ別ページ
菌とウイルス

 

ここでは、菌やウイルス等を中心に、オゾンやオゾン水を利用することによる、予防や対策をご紹介しています。

その内容を考えれば情報の正確性がもっとも重要と判断し、弊社担当者(複数名)による厳重なチェックに加え、医療の専門家である医師・薬剤師にその立場から責任を持って監修してもらうという二重チェック体制で情報を配信しています。

その他に、オゾンに関連する化学等のPh.D取得者に執筆を依頼したり、大学との共同研究による詳細なエビデンス付きの実験記事なども充実させていく予定にしています。

とは言いましても、情報の正確性には十二分に注意を払っていますが、その正確性を保証したり、弊社のオゾン発生器やオゾン水生成器を使用して、確実に再現できることを保証する内容ではないことは、ご了承ください。

 
オゾンによる新型コロナウイルス除染の試み
6月28日、遂に世界全体での新型コロナウイルス感染者数が1,000万人を超えました(米ジョンズホプキンス大学調べ)。これは、米国やブラジル、インドなどで感染が拡大し続けているためです。日本でも、一時収まったかに見えた感染者数が再び増加傾.....
 

続きを読む

コムギゾウムシ抑制に対するオゾンの有効性:予備研究
貯蔵施設内(サイロ、倉庫、コンテナ)への昆虫の侵入は、人間と家畜の飼料産業の両方で大きな問題です。昆虫の保存食やマイコトキシンによる汚染損害は、世界中で年間5億ドルを超える可能性があるとされます。さらに、昆虫の穀物や貯蔵食品への残存と......
 

続きを読む

野菜の保存技術研究~オゾンを利用した野菜の保存条件検討
収穫した野菜を消費者に届けるまで、できるだけ長期間新鮮な状態に保ったまま保存することが、食料の安定供給や食品の安全につながる非常に重要なことです。野菜の品質低下(鮮度低下)の最も大きな要因は、付着微生物による腐敗にあります。このため、......
 

続きを読む

オゾン処理した生白米の物理化学的特性の変化
貯蔵米に対する昆虫や菌類による汚染は米の品質低下をもたらします。品質低下による推定年間損失は、貯蔵米全体の30%から42%にも上るとされています。これらの被害を防ぐ最も良い方法は燻蒸で、現在、登録されている食品穀物用の燻蒸剤には、臭化......
 

続きを読む

水道水とオゾン水での洗浄、超音波洗浄、煮沸によるイチゴからの16種類の残留農薬の除去
イチゴは健康食品としてなくてはならないものです。まず、ミネラルとビタミンの宝庫であるにも関わらず非常に低カロリー(32カロリー/100g)であり、ポリフェノールの仲間であるアントシアニンとエラグ酸を多く含んでいます。ビタミンの中でもビタミン...
 

続きを読む

アデノウイルスのウイルス学的な知見と感染症予防に関連する先行研究の紹介
プール熱を引き起こすことでも知られるアデノウイルスですが、オゾンによってアデノウイルス感染症を予防することができるのでしょうか。風邪症候群と関連するウイルスの中で、メジャーなウイルスであるアデノウイルスが引き起こす感染症、アデノウイルスのウ...
 

続きを読む

O157と腸管出血性大腸菌感染症〜オゾン除菌の意義を考える
腸管出血性大腸菌感染症を引き起こすO157は大腸菌の一つの株であり、病原性をもっていること以外はヒトの常在菌である大腸菌と構造上はほとんど同じであることが知られています。そのため、オゾンによって除菌は可能なのですが、そもそもO157はどうや...
 

続きを読む

オゾンと風邪ウイルス
オゾンによる風邪ウイルスの消毒・殺菌効果を特に試験管内で評価している論文を調べました。風邪ウイルスの定義から予防の重要性、アメリカのブリガム・ヤング大学や長崎大学の研究グループ等の実験をもとに具体的な事例をもとにオゾンと風邪ウイルスについて...
 

続きを読む

ヒトの皮膚や傷口など身近なところに生息する黄色ブドウ球菌は、食品に付着して毒素を産生することで食中毒の原因となります。 この記事では、そんな黄色ブドウ球菌による食中毒の予防対策を、オゾンを用いて行う方法をご紹介します。...
 

続きを読む

ヨーネ病は、牛やめん羊、山羊などの家畜を所有する農家の方々が注意すべき家畜伝染病です。 この記事ではヨーネ病の特徴と、発生予防のための対策、及びその手段の一つであるオゾンによる除菌方法についてご紹介します。...
 

続きを読む

カンピロバクターは毎年多数の食中毒患者を生んでいる原因菌であり、特に生の食肉からの感染には注意が必要です。 このコラムではカンピロバクターの食肉からの感染を予防するための対策のポイントとオゾン水で効率的に対策を行う方法をご紹介します。...
 

続きを読む

流行性角結膜炎や咽頭結膜熱など、学校感染症の原因となるウイルスはアデノウイルスとされています。 アデノウイルスはその他にも様々な症状を引き起こす可能性があり、乳幼児が多く発症する症状もあります。 ここでは、そんなアデノウイルスの...
 

続きを読む