オゾン生成効率は以下の条件で最も高くなります。濃度が上がり切らない場合、以下の条件を変えてお試しください。

  • 原料水はできるだけ少なめにする(原料水の量が多いと濃度が上がりきる前に定常状態になることがあります)
  • 水温は40〜50度
  • 硬度の高い水を使う