理論的には可能ですが、オゾンの生成効率には原料水のTDSと通電時間以外にも下記要素が関係し、実際に必用なパラメータは非常に多くなります。

  • 水温
  • 電極コーティングの消耗度
  • 電極表面へのカルキ堆積

実用レベルで制御を行う場合は、計測濃度と目標濃度の差にある重みを付けて電圧印加時間とするフィードバック制御が必用となってきます。