感染を推定するATP検査はオゾン除菌との相性が良い

ATP検査とは、生き物を含む多くの有機物に含まれるATP(アデノシン三リン酸)を汚れの指標とした検査方法です。
ATP検査をすれば、誰でも簡単にその場が汚れているか、洗浄できているかがわかります。
汚れがわかれば、そこにウイルスが存在していることが推測でき、洗浄できていることがわかれば、安全性が高まったと考えることができます。
ATP検査はわずか10秒ほどで結果が出ますので、昨今の感染症対策には有効です。
ただATP検査で汚れを測定するだけで、ウイルスを叩けるわけではありません。
ウイルス除菌ができるオゾンと組み合わせることで、感染症対策がより強固になります。

この記事では、ATP検査の原理を紹介したうえで、感染症対策にどのように寄与するのか解説します。
さらに、オゾン発生器と一緒に使う方法を提案します。

感染症対策において、ATP検査は「目」になります。
人の目では、ウイルスの汚染場所も、ウイルスを除去できたかどうかも見ることができませんが、ATP検査の「目」ならどちらも見ることができます。
しかし、実際に除菌するには「手」が必要です。
ATP検査で汚染が推測できたら、オゾンでウイルスを除菌していきましょう。

オゾン水生成器をチェックする
オゾン発生器をチェックする