オゾン発生器 オゾンクラスター1400

¥275,000
/
税込み価格

オゾンクラスター1400 製品情報

OZONE CLUSTER 1400

強力に脱臭・除菌・ウイルス対策を行いたい方に

オゾンクラスター 1400
酸素ボンベのアイコン

酸素源での
使用可能

made in japanのアイコン

高品質な
日本製

オゾン耐性素材のアイコン

高オゾン耐性
素材使用

メンテナンスフリーのアイコン

メンテナンス
不要

オゾンクラスター 1400
送料無料 275,000円(税込)
ご購入はこちら
Amazon payで購入
申込用紙のダウンロード

他にも魅力的なオゾン発生器や関連商品があります。
こちらからご確認ください。

製品一覧を見る ▶

プロの現場でも導入されています

導入事例:如水庵 様

導入事例:GENKI鍼灸整骨院 様

アパホテル(宇都宮駅前) 様
日本で製造された「国産品」です
オゾンクラスター 1400の画像
made in japan

オゾン発生器という分野には、安い中国製の製品も少しずつ日本に入ってきています。
一部の商品は、PSEマーク(電気用品安全法)を取得しておらず、危険な状態で販売されていたりもします。
明らかな、安かろう、悪かろうという製品が増えている中で、オゾンマートは日本のオゾン発生器メーカーとして、品質には容易ならざるこだわりを持って製造しています。
単純に日本で製造している、というだけでなく、細かな部品ひとつひとつについても日本製品を使うように心がけています。

オゾンクラスター 1400稼働時間
取っ手について

本体上部の取っ手は1910年創業の老舗・タキゲン製造株式会社様のものを使用しています。
機械の持ちやすさ、手のひらへの負担や心地よいホールド感を考えると、やはりこのメーカーが一番と判断しました。オゾンマートのオゾン発生器には、タキゲン製造様の取っ手をよく使用しています。

オゾン放出ようチューブについて

オゾン放出部は最もオゾン濃度の高くなる箇所ですので、強いオゾン耐性が求められます。
オゾンクラスター1400はオゾン生成力が大変高いので、シリコンやテフロンのチューブを使用すると、摩耗が早く数ヶ月でダメになってしまいます。 コストは大幅に高くなりますが、フッ素樹脂チューブであれば高いオゾン耐性を持っているので、摩耗などを気にせず使用し続けることが出来ます。

外装にはSUS304を使用

オゾンクラスター1400の外装は、コストは高いですが「SUS304」という耐食性に優れたステンレスを使用しています。 SUS304のコストが高いのは、レアメタルであるニッケルを含んでいるためです。 さらに、SUS304は鉄とニッケルとクロムの合金であるが故に、耐食性が優れているのです。

オゾンクラスター 1400

オゾンクラスター1400の外装は、コストは高いですが「SUS304」という耐食性に優れたステンレスを使用しています。 SUS304のコストが高いのは、レアメタルであるニッケルを含んでいるためです。 さらに、SUS304は鉄とニッケルとクロムの合金であるが故に、耐食性が優れているのです。

ステンレス製のブロアストーン

普通は簡易なセラミック系の石のような素材を使用するものなのですが、オゾンクラスター1400専用にステンレス製ブロアストーンを作りました。
高い品質を追求するために、水への高い溶解率・高い耐オゾン性を計算し尽くして作ったものです。 高濃度のオゾンを生成するオゾンクラスター1400ですので、特に耐オゾン性という観点から見ると一般的なストーンだと数ヶ月でボロボロになってしまうでしょう。 このステンレス製の高品質ブロアストーンであれば、摩耗など気にすること無く使い続けることが出来ます。

放電管が2本も付いています

オゾンクラスター1400は、空気中で放電を行うことで酸素分子同士を繋げ、オゾンを生成します。この部分は「放電管」という部品になり、もちろんオゾンクラスター1400用に特別に作ったものです。
放電管は長時間放電させていると熱を持ち、徐々にオゾンの生成量が落ちたり、放電管自体が摩耗したりする恐れがあります。 そこでオゾンクラスター1400は、熱を一気に逃がすための大型アルミ製ダイキャストを放電管に装着しました。このアルミダイキャストが熱を効率的に逃し、冷却ファンによってオゾンクラスター1400内の熱を効果的に放出します。 さらにオゾンクラスター1400では、この大型アルミダイキャスト付き放電管を、コスト度外視で2本も配置させました。

強力なファンを使用

オゾンクラスター1400のファンは、7枚ものプロペラがついた大型のファンになります。 生成したオゾンが部屋中に拡散するように、普通のファンではなく、特殊な大きなファンにしました。2.6L/minの風量は、様々な製品と比較していただければ分かると思いますが、圧倒的な風量です。 もちろん、現在オゾンマートで販売されているどのオゾン発生器よりも強い風力になります。

誰にでも分かりやすいデジタルタイマーを採用

一般的にオゾン発生器のタイマーは、複雑なアナログタイマーが使用されています。なぜアナログタイマーが使われているのかと言うと、様々な特殊な設定ができるため、あえて使われていることが多いのです。とはいえ実際に「オゾン発生器を使おう!」というシーンで、複雑な設定が必要とされるようなことはほとんどありません。オゾンマートでもタイマーについての質問が多く、もっと分かりやすくして欲しいという要望が多かったため、分かりやすいシンプルなタイマーを採用。もちろん、オゾンクラスター1400の使用環境や、耐オゾン性なども考えて作られております。

コストパフォーマンスやメンテナンスについて

オゾンクラスター1400の寿命は約10,000時間です。
もちろん、使用されている環境や使用方法によって15,000時間以上問題なく動いたり、
10,000時間持たなかったりする場合もありますが、概ね10,000時間とお考えください。
例えば、1日6時間、週5日間、年に50週稼働させると、合計で1,500時間。
5年で7,500時間、6年で9,000時間になります。
日々のメンテナンスは特に必要ありません。そのままずっとお使いいただけます。

修理について

修理も全て弊社にお任せください。

およそ10,000時間が経過すると、オゾンを生成する放電管やエアポンプ・冷却用のファンなどに不具合が現れることがあります。
故障した場合は、以下の金額で部品の交換を行っておりますので、弊社までご郵送ください。

放電管

38,500円

(税込)

エアポンプ

27,500円

(税込)

冷却ファン

27,500円

(税込)

全て交換する場合

55,000円

(税込)

簡単設計なので、定期メンテナンスは不要です。

年に数回メンテナンス用に交換部品を購入しなければいけない、というオゾン発生器が多いため、オゾンクラスター1400ではそのようなメンテナンスが発生しない、簡単設計になっております。

オゾン水を生成するオゾンクラスター 1400
オゾンクラスター 1400の便利な機能
オゾンクラスター 1400

酸素ボンベなどを利用して
オゾン生成量が激増!

オゾンクラスター1400は、原料を酸素だけにすると非常に濃度の高いオゾンを生成することができます。
オゾンは、酸素と酸素が結合した結果、生成されます。周囲の空気を原料としてオゾンを生成すると、オゾンの原料となる空気中の酸素量は20%程度ですので、生成されるオゾンは薄くなります。
そこで、原料になる気体を酸素だけにすることで、高濃度のオゾンを生成できるわけです。

酸素ボンベを使用した実験データ

実際に弊社で実験を行っているので、結果をご覧ください。
酸素を少しずつ流してオゾンを生成させると、オゾン生成部をゆっくりと通過し、着実にオゾンに変わるため、オゾン濃度は高くなります。
逆に、勢い良く酸素を流すと、オゾン生成部を高速で通過し、オゾンに変わらないまま放出される酸素も出てくるため、オゾン濃度は低くなります。
しかしながら、結果的には大量の酸素を供給した方が、時間あたりのオゾン量は多くなります。

最大1ppm前後のオゾン水を生成可能

最大1ppm前後の
オゾン水の生成が可能!

エアレーションストーンをチューブの先端に取り付け、水の中に入れると、オゾン水を生成することが出来ます。

オゾン発生器でのエアレーションについて

エアレーションでオゾン水を生成する場合は、どんなに強力なオゾン発生器を使っても1ppm程度までしか濃度は上がりません。ところが3ppm・5ppm等、高い数値を記載しているオゾン発生器も確認しています。
正直なところ「エアレーションでそこまで高濃度になるはずがない」と私どもは思っております。あまりに高い数値は、虚偽の可能性もあります。そのような製品には、必ずテストレポートを確認したい旨を伝え、レポートを見てからご検討ください

シガーソケットから電源を取ることが可能

シガーソケットから
電源をとることが可能!

オゾンクラスター1400は、電源プラグだけでなく、シガーソケットから電源をとることができます。
電源を探しに行ったり、電源の近くまで車を移動させたりする必要はありません。
車の中で1~2分オゾンを生成するだけで一気にオゾンが充満し、あとは放っておくだけでオゾンと臭気が反応して、嫌なニオイがキレイに取れます。

※ 24V車のシガーソケットには接続しないでください。故障・発火事故の原因となります。

Q&A
Q

オゾンクラスター1400に、オゾン分解機能はありますか?

A

ありません。意味が無いからです。
オゾンを放出させ、オゾンと臭気の反応を待たず、オゾンを分解すると、肝心の脱臭ができません。
それに、オゾンは換気すればすぐに分解され、酸素に戻ります。
無駄な機能をつけるために商品をコストアップさせるのは、販売する側には良いかもしれませんが、購入する側には何のメリットもありません。
また、オゾンの分解機能を謳う殆どの商品は、活性炭を機内に配置し、そこにオゾンを通して分解する仕組みであり、時間経過とともに効果はなくなります。
メンテナンス名目でサプライヤが活性炭を交換し、エンドユーザーにチャージするという無駄な仕組みです。 無駄なコストを掛けず、換気しましょう。それで十分です。

Q

室内の電気製品等へのダメージは大丈夫でしょうか?

A

問題ありません。
オゾンによる脱臭をこれまで数多くのホテル等で使用しておりますが、問題になったことはありません。
オゾンはホテルや旅館の客室だけではなく、自動車の脱臭・除菌にもよく使われています。
自動車の狭い空間でオゾンを使っても、電気系統に問題が生じたことはありません。
逆に問題が起こるレベルにするためには、高濃度のオゾンを1点に集中させて、数週間~数ヶ月放出する必要があります。
オゾンで金属を摩耗させるのは、容易ではありません。

Q

危険なオゾン濃度のレベルを、どのように判断すればいいでしょうか?

A

オゾン濃度を計測するためには、専用の実験機材が必要になりますが、そのような機材がない場合がほとんどです。
実際には、オゾン濃度計ではなくオゾン臭で判断します。
オゾンは独特のニオイがあります。このニオイを感じるようであれば、高濃度です。
短時間なら吸い込んでも特に問題はありませんが、長時間吸い続けるとノドが痛くなったり、頭が痛くなります。
狭い場所であれ、広い場所であれ、オゾン臭があれば濃度が高いとご判断ください。
オゾンマートの業務用オゾン発生器は、オゾン生成能力が高いため、有人環境での使用はできません。

Q

オゾンクラスター1400は、同スペックの他社商品と比べて安いですが、
大丈夫でしょうか?

A

これまで、業務用のオゾン発生器は、メーカーが代理店に卸し、代理店が営業マンを雇い、営業マンがお客さんのところへ行って説得して売る、という仕組でした。
もっともコストがかかるのは、営業マンでしょう。
メーカーは営業マンを雇って代理店を開拓し、代理店は営業マンを雇ってお客さんを開拓します。
営業マンの人件費や、営業マンが自動車や鉄道や飛行機に乗る営業費用はすべて商品の価格に反映されます。
だから、これまでの業務用オゾン発生器は高額だったのです。 オゾンマートは日本で初めてのオゾン発生器専門のインターネット通販サイトです。
オゾンマートには、代理店も営業マンもいません。
ですので、オゾンマートの価格は、卸価格と同一であると言えます。
メーカーから直接あなたの手元に、卸価格で届けているのです。

Q

支払は前受のみということですが、調整できますか?

A

基本的に商品代金はすべて前受で頂いておりますが、社内の決済規定等もあるかと思います。可能な限りご要望に合わせますので、お問い合わせください。
官公庁、公共機関、大学等の学校法人のお客様につきましては、初回取引より売掛払い(後払い)可能ですので、支払条件をご連絡下さい。
その他の法人のお客様につきましては、信用調査会社の評価点数に基づき社内規定点数以上の場合は売掛払い(後払い)でもお受け出来ますので、まずはお問い合わせ下さい。

お客様の声

他にも魅力的なオゾン発生器や関連商品があります。
こちらからご確認ください。

製品一覧を見る ▶