レンタル業でお客さんを不快にしないことは生命線

かつて「レンタル」というと、「ビデオ・CDレンタル」の意味でつかわれることがほとんどで、たまに「海外旅行用のスーツケースレンタル」が出てくる程度でした。

しかし、インターネットの普及により、ありとあらゆるレンタル業者が、企業向けだけでなく、個人向けに出てきています。

 ・ブランド品のレンタル
 ・家電・デジタル機器のレンタル
 ・ベビー用品のレンタル
 ・ゴルフ用品のレンタル
 ・イベント用品のレンタル

そして、ベンチャー企業によって、毎日新しい「XXレンタルサービス」が世の中に出てきているのが現状です。

これによりレンタル市場が大幅に拡大するとともに、店舗を持たずにネットだけでビジネスを始められるために、参入が増加し、競争は激化しています。

さて、レンタル業界にとっての課題とは何でしょうか。

 ・使いやすいシステム
 ・安価な料金
 ・使うとポイントがたまる仕組み
 ・返却の容易さ

売り上げを高めて、利益を増やしていくうえで、様々な観点でポイントはあるかと思います。

とはいえ、最低限行わねばならないことはあります。それは「お客様を商品自体で不快な思いをさせないこと」です。

例えば、電話の応対に時間がかかる、返送が面倒といった、「商品に付随するプロセス」であれば、お客様も理解してくれることが多いですが、「商品が機能しなかった」「商品が汚れていた」「商品が臭かった」といった「借りた商品自体に問題があった」のでは、リピーターとなってくれないからです。

臭いがつきやすく、洗えないものの脱臭にオゾンは最適

レンタル業におすすめのオゾン発生器