タクシー車両をオゾンで脱臭すべき5つの理由

タクシー業界にとっては、お客様を正確に、早く目的に届けることに加えて、リピート客を獲得するという意味では「快適さ」も重要な指標となります。
この観点で、なぜタクシー車両をオゾンで脱臭しなければならないかを、5つの理由とともにお伝えします。

オゾン漫画 タクシー編
たばこ臭

タクシーで最も問題となる臭いは、お客様のたばこの臭いです。
全社禁煙車両というタクシーも増えていますが、特に地方のタクシー会社となるとお客様のニーズもあり、一律に禁煙は難しいのが実情です。

たばこの臭いによる問題は2つあります。
1つめは、喫煙されるお客様がたばこを吸った後に、非喫煙者のお客様が載ってきた場合、車両がたばこ臭いという点です。これは、「XXタクシーに乗ったらたばこ臭かった」という悪い評判につながってしまいます。SNSが発達したので、個人の悪評が昔と比べて大きな問題になりやすいのです。
2つめは、喫煙しないタクシードライバー(乗務員、タクシー運転手)さんが増えてきているということです。喫煙するタクシードライバーは、タクシー車両が若干タバコ臭くても「まあ仕方ない」と寛容です。

しかし、非喫煙者からすると、これから数時間乗務する車両がたばこ臭いのは、拷問と思えるほど嫌なものです。ドライバー採用が厳しさを増す中、たばこ臭い車両をそのままにしておくことはドライバーの雇用の観点で大きなマイナスです。

オゾン発生器をチェックする
香水

女性だけでなく、最近では男性の外国人観光客でも顕著になってきました。化粧品の独特なにおい、そして強い香水の臭いは長時間タクシーの車両の中に残ります。そして、後で乗ってきた別なお客様や、ドライバーに不快な思いをさせてしまいます。
なお、化粧や香水による臭いで苦労しているのはホテル業界も同じです。タクシー業界だけでなく、ホテル業界も多くオゾン発生器を導入して、客室の脱臭に日々励んでいます。

車内のカビの臭い
吐しゃ物・液体をこぼした臭い
オゾン発生器をチェックする
オゾンクラスター1400 商品ページ
オースリークリア3 商品ページ