多くの人に必ず訪れる瞬間、それは親との別れです。

そして、親との別れは同時に、親が持っていた遺品を整理する責任が生じるということでもあります。

親と良い関係を築いていた人は、暖かい思い出が想起され、大変な作業となりますが、親との関係が良くなかった人も、複雑だった親子関係や辛かった出来事などを思い出し、往々にして身を切るような作業になります。

遺品整理は、(1) 親族が行う場合、そして(2) 遺品整理の専門業者が行う場合、がそれぞれあります。

一人暮らしの高齢者の方が、亡くなってからかなりの日数が経過してから発見され、状態の悪い遺体と住居の清掃(いわゆる「特殊清掃」)が必要になった場合は、通常特殊清掃と遺品整理を合わせて、特殊清掃業者に依頼することが多いようです。

逆に、特殊清掃が必要のない状況、例えば病院で亡くなった、死後すぐに発見された、という場合は、親族の方が遺品整理を行うことが多いです。

冒頭でご説明した通り、子供や親族にとって遺品整理は精神的に大変な作業です。

そして、それと同時に肉体的にも大変な作業となります。
そもそも多量のものを確認、処分する必要がある点、そして臭いです。

特に長期に入院されている高齢者の場合、衣類、本、小物、植物、カーテンなどがそのままになっていること、そして部屋が閉め切った状態で長期間経過しているため、部屋の中にカビが発生していたり、湿気やカビによる臭いがすることが多くあります。

つまり、「特殊清掃を必要とするような状況でなくても」、遺品整理の際に臭いに悩まされることは多くあります。

そして、物が多い場合は、遺品整理も1時間、2時間では到底終わらず、何日という単位で時間がかかる場合もあります。

長時間強い臭いの中にいるために、気分が悪くなって遺品整理がなかなか進まない方もいるようです。

遺品整理をスムーズに行う際におすすめしたいのは、先にオゾン発生器で消臭を済ませておいてから、作業に入ることです。

作業開始前、例えば前日などに、無人状態の家でオゾン発生器を稼働させて、オゾンにより脱臭を済ませてしまうのです。オゾン発生器は、オゾンの気体を発生させますが、高濃度のオゾンが発生している状態は、脱臭効果は高いものの、高濃度であるが故に人体に害があります。

よって、オゾン発生器をタイマーで数時間作動させて、そこから少なくとも数十分経過してから、立ち入るようにするのがよいかと思います。

これで、脱臭は完了していますので、カビや湿気の臭い、また部屋を閉め切っているが故の臭いも解消です。

遺品整理に最適なオゾン発生器・オゾン水生成器

一般的なご家庭の遺品整理の際の脱臭には「オースリークリア3」をご利用ください。

部屋、押し入れ、家庭の倉庫、クローゼット、天袋、床下収納など、ご家庭のスペースをしっかり脱臭してくれます。

例えば、6~10畳程度の部屋であれば、20~30分オースリークリア2をオンにしていくだけで、脱臭と除菌を同時に行えます(なお、強いオゾンが発生するので、スイッチを入れた後は部屋から出てください)。

次に、より広い環境の場合や、遺品整理を業務として行う企業様は、オゾン発生量が最も多い「オゾンクラスター1400」をご利用ください。

上記オースリークリア3の3倍近いオゾン発生量があるため、かなり広い家やオフィス、大広間、業務用の倉庫などでも利用できます。

また、一般的な部屋などの脱臭も、オースリークリア3の1/3から1/5程度の時間で完了するため効率的です。

遺品整理業を営んでいる方は特に、オゾンクラスター1400をお勧めいたします。

オースリークリア3
オゾンクラスター1400