「スマホの汚れ」「スマホ雑菌」を撃退するオゾン水

統計によると、日本の携帯電話利用者のうち、スマートフォン利用率は59%とされています。
今や国民の過半数が利用するまでになったスマートフォンですが、スマートフォンは「スマホ雑菌」「トイレより汚い」と呼ばれるほど雑菌が多いのはご存知でしょうか。
以下では、スマートフォンの雑菌について、そして雑菌をオゾンで撃退する方法についても合わせてお伝えします。

目次

スマホには、トイレの3倍、キーボード・マウスの17倍の雑菌が
どんな雑菌がスマホに付着している?
オゾン水でスマホ雑菌を防ぐ
スマホ以外の雑菌もオゾン水で除菌できます

スマホには、トイレの3倍、キーボード・マウスの17倍の雑菌が

スマホを触る様子

スマホ雑菌とは、スマートフォンの本体(画面、側面、底面、ボタン、カメラなど)に付着している細菌を指します。

2018年8月、イギリス・スカイニュースは「スマートフォンはトイレの便座の3倍以上の雑菌がいる」というニュースを報道しました。

そして、スマートフォンの保険サービスを提供しているInsurance2Go という会社の調査によると、スマートフォン利用者のうち35%は、洗浄液などを利用してスマートフォンを掃除したことが一度もない、と報道されています。

特に雑菌が付着しているのが、指でタッチやスワイプを繰り返すスマートフォンの画面です。

雑菌付着を確かめる試験では、iPhone 6, Samsung Galaxy 8, Google Pixelが利用されましたがメーカーの違う3台のスマートフォンでは 、平均して1平方cmあたり84.9 CFU(Colony Forming Unitの略で、細菌の量を示す単位)の雑菌が確認されました。

これに対して、水洗トイレではわずか24CFU、オフィスのパソコン用キーボードとマウスでは5CFUしかありませんでした。

つまり、スマートフォンは水洗トイレより3倍以上の雑菌があり、パソコンのキーボード・マウスの17倍以上の雑菌があるのです。

これらのスマホ雑菌のせいで、深刻な病気になったり、命を落とすことはまずありません。

しかし、イギリスの医師は「スマホの汚染は、肌荒れや肌のトラブルの大きな原因になっている」ことを指摘しています。

スマホ雑菌を怖がり過ぎる必要はありませんが、とはいえ「スマホを汚いままにしておくと肌のトラブルなどにつながりかねない」という危機感は持っておくべきでしょう。

オゾン発生器の一覧はコチラ

どんな雑菌がスマホに付着している?

ウイルスイメージ画像

オゾン水でスマホ雑菌を防ぐ

スマホ以外の雑菌もオゾン水で除菌できます

除菌イメージ画像

この方法で除菌できるのは、スマートフォンだけではありません。

トイレ、パソコンのキーボードやマウス、ドアノブ、手すり、赤ちゃんが口に入れてしまう用品なども、どれもオゾン水で細菌とウイルスを除菌できます。

つまり、スマホ雑菌のためだけではなく、家庭のあらゆる細菌とウイルス対策に使えるのがオゾン水、そしてオゾン水生成器「オゾンバスター」なのです。

ご家庭の安心のために、ぜひご検討ください。