中長期的には自動車のサービス化が間違いなく進みますが、直近1,2年という話ではありません。

直近1,2年というスパンでは、大きな変化を予測しながらも、利益率の高いサービスをいかに導入して会社を存続させるか、というのが多くの自動車修理工場、コーティング会社、カークリーニング会社の課題ではないでしょうか。

こうした会社とオゾン脱臭の相性は極めて良いのです。

オゾン脱臭は、「車のいやな臭いを取りたい」という、人間の根源的な感性に訴えるサービスであり、必要度合いが高いサービスです。

「必要ではないが、あったらいい」というサービスよりも、必要性、そして緊急性が高い点がポイントです。

そして、オゾン脱臭を提供する会社側としては、オゾン脱臭サービスは極めて「楽に提供できる、利益率の高いサービス」でもあるのです。

やることは、オゾン発生器をシガーソケットにつないで電源を取り、チューブを接続して、そのチューブを窓から差し入れて、オゾン発生器の電源を入れて、放置するだけです。

オゾン発生器の準備にかかる時間は1,2分程度なので、従業員が拘束される時間も極めて短いのです。

そして、オゾン脱臭による効果は非常に高いのもポイントです。

オゾンは、酸化により臭い分子を完全に分解することにより脱臭を行います。

このため、別なにおいで嗅覚をごまかす芳香剤や、いったん消えたはずの臭いがまた復活してしまう消臭スプレーとは大きく違います。

オゾン発生器の一覧はコチラ 

オゾン脱臭サービスがよい点は、自動車の修理のように「アクシデントや事故があったときだけにビジネスチャンスがある」ものではなく、「自動車に乗り続ける限り、定期的にビジネスチャンスがある」という点です。

別な言い方をすると、一度よいサービスを提供すれば、お客様は定期的にオゾン脱臭サービスを利用してくれるので、顧客一人が落としてくれる売上は複数年で見るとかなりの金額となります。

つまり、リピーターとなってくれて、貴社の売り上げにしっかり貢献してくれます。

オゾン発生器の一覧はコチラ