カンピロバクターによる食中毒に注意!

カンピロバクターとは?

カンピロバクター感染を防ぐための対策ポイント

カンピロバクターの感染を防ぐためには、菌に汚染された食肉から感染が広がらないように以下のような対策を行うことが重要です。

生肉専用の調理器具を用意する

生肉を調理する際に用いる包丁、まな板、トング、箸は専用のものを用意し、野菜など他の食材用のものと分けて使うようにしましょう。

また、生肉を最後に調理して他の食材を汚染しないようにするとさらに感染のリスクを下げることができます。

オゾンによる除菌でさらに効率的にカンピロバクター感染を予防する

オゾンによる除菌を利用すれば、より効率的に感染予防ができるでしょう。

オゾンとは、強い酸化力で細菌やウイルスを除菌することができる物質で、水道水などの水に溶け込ませることで強力な除菌液であるオゾン水を生成して活用することができます。

生肉の調理の際にオゾン(オゾン水)による除菌を活用するメリットとしては以下のような点があります。

 強力な酸化力でカンピロバクターを除菌できる。
 除菌に伴い、分解して酸素になるので、使用後に残存する心配がない。
 市販のオゾン発生器でオゾン水を簡単に生成できるので、準備の手間が省ける。
 オゾン水は調理器具、シンク、容器、冷蔵庫、手指など様々なモノの除菌に適している。
 分解により残存しないので、オゾン水で生肉自体の除菌が可能!

オゾン水をぜひご活用ください

オゾン水を活用すれば、食肉からカンピロバクターの感染を防ぐための対策がより効率的に行えます。

家庭や飲食店などで生肉の調理を行う方々にお勧めの除菌手段です。