オゾンマート漫画

手足口病とは?大人もかかるの?

考える女性

手足口病について

手足口病とは、夏季に流行するウイルス性の風邪です。

コクサッキーウイルスやエンテロウイルスが原因ウイルスとなっており、子供を中心に幼稚園や保育園などで流行することが多いです。

複数の原因ウイルスが存在しているため、何度も発症してしまう可能性があります。

発症者の大半が5歳未満の子供ですが、まれに大人が発症することもあります。

どんな症状?

手足口病の症状には以下のようなものがあります。

・口腔粘膜、手のひら、足の甲
・裏などに水疱性の発疹が現れる
・1~3日間の軽度の発熱・口腔内

の水疱が潰れると、口内炎になる
手足口病は、3~5日の潜伏期間の後に、水疱の出現と共に発症します。

口内炎の痛みがひどい場合、飲食を受け付けなくなり、脱水症状になることがあります。

水疱は1週間程度で治ります。

原因ウイルスの一つであるエンテロウイルスはまれに合併症として無菌性髄膜炎や脳炎を引き起こすことがあります。

過去、マレーシア・サラワクで手足口病の急速な経過により死亡したという事例が報告されており、注意が必要な感染症となっています。
(国立感染症研究所「手足口病とは」)

■参考
手足口病とは?|知っておきたい!家庭の感染と予防|サラヤ株式会社 家庭用製品情報
手足口病とは

手足口病の感染経路と予防対策について

白衣を着た医者

どこから感染するの?

手足口病の感染経路には以下のようなものがあります。

・飛沫感染(くしゃみなどから出る飛沫による感染)
・感染者の唾液・鼻水・便を触れることによる感染

手足口病の原因ウイルスは、回復した後も一定期間、呼吸器や便からウイルスが排出されます。

感染者から直接の感染を防ぐことはもちろん、ウイルスが生活環境に残らないように清掃と消毒をしっかりと行うことが重要です。

手足口病の感染予防対について

手足口病の感染・流行を防ぐためには以下のような対策が必要です。

・手洗い・消毒をしっかりと行う
・飛沫感染を防ぐためにマスクを着用する
・人が多く触れる場所(ドアノブや手すり、共用のトイレなど)を特に清掃・消毒する

どれも基本的なことばかりですが、原因ウイルスの消毒を行うためには、市販で有効な消毒剤・消毒スプレーなどを購入する必要があります。

しかし、幼稚園・保育園など、広い施設では全てのものを消毒するのは大変な労力とコストがかかります。

そこでお勧めしたいのが、オゾン発生器を利用したオゾン除菌です。

■参考
手足口病とは?|知っておきたい!家庭の感染と予防|サラヤ株式会社 家庭用製品情報

手足口病の原因ウイルスはオゾンで除菌しましょう。

O3の化学式のイラスト

オゾンを利用すれば、より効果的・効率的にウイルス対策を行うことができます。

オゾンとは、強力な酸化力により細菌・ウイルスの除菌を行うことができる化学物質です。

O3という化学式で表されており、酸素原子が3つ結合することで成り立っています。

オゾンの除菌メカニズムを解説

オゾンは結合のエネルギーが弱いので、簡単に分解してしまうという性質を持っています。

この時に生まれるのがより安定した結合である酸素分子(O2)と酸素原子(O)です。O3 (分解)→ O2, O酸素分子はそのままの状態で存在し続けますが、酸素原子は反応性が高く、他の物質と結合して酸化しようとします。

この時、酸化される物質は別の物質へと変わります。このオゾンの酸化作用を利用したのがオゾンによる除菌です。

オゾンが分解されるメカニズム

細菌やウイルス、有害物質をオゾンの酸化作用で根本から分解して、除去することが可能です。

そして、オゾンは分解に伴って酸化を行うので、除菌後は酸素分子のみが残ることになり、非常にクリーンな除菌方法となっています。

手足口病の原因ウイルスの除菌も、このオゾンの除菌力を利用して効果的に行うことができます。

オゾンを用いで出来る手足口病の予防対策

実際に個人や業務でオゾンを利用した除菌を行う場合、市販のオゾン発生器を利用することをお勧めします。

市販のオゾン発生器では、主に以下のような除菌が可能になります。

・高濃度の気体オゾンを放出し、室内の空気全体を除菌する。
・オゾン水を生成し、除菌液として利用する

以下、順に説明していきましょう。

高濃度の気体オゾンによる空気全体の除菌

オゾン発生器から高濃度の気体オゾンを部屋などの空気中に放出し、室内の原因ウイルスを隅々まで除菌します。

空気中に漂うウイルスや手の届かない所にいるウイルスを除菌することで感染のリスクを下げることができます。

オースリークリア2で除菌

機器から一定時間オゾンを放出し、その後部屋を閉め切ってしばらく待機すれば、部屋中に放出されたオゾンがしっかりと除菌を行ってくれます。

ただし、高濃度のオゾンは人体に有害となるので、必ず無人環境でオゾンを放出し、除菌後は室内を換気することが必要となります。

オゾン水による除菌

オゾンは水に溶け込ませて除菌液(オゾン水)として使うこともできます。

オゾン水も、市販のオゾン水生成器を使うことにより個人でも生成することができます。

オゾンバスター

オゾン水は、霧吹きに入れて除菌スプレーとして利用したり、布やシートに染み込ませて拭き掃除をしながら除菌を行うといった使い方ができます。

これを利用して、ドアノブや手すり、共用トイレなどの除菌を行うことでウイルス感染のリスクを下げることができます。

また、生成したオゾン水で手指を洗い流して除菌を行うことも可能です。

オゾン水生成器は、水道水と電源があればオゾン水を生成することができるので、一度導入すればその後は低コストで除菌液を利用することができるようになります。

大量の除菌液を必要とする場合に特にお勧めできる除菌方法となっています。

まとめ

以上、オゾンを利用して手足口病の原因ウイルス対策を行う方法について説明してきました。

気体のオゾンやオゾン水を活用することで様々な場面でウイルスの除菌を行い、かつ市販の消毒・除菌剤購入のコストを下げることができます。

ウイルス対策を行いたい方はぜひオゾンを利用した除菌をご検討ください。

オゾンマート漫画