オゾン水の濃度と安全性について理解する

オゾン水の濃度と安全性について、「この程度のオゾン水濃度であれば安全」「これ以上になると危険」という具体的な指標はありません。

産業用の大型のものを除くと、家庭や企業でオゾン水生成器を扱う上で注意すべきなのは、以下の2点です。

1. オゾン水に含まれるオゾンが気体として放出される

実はオゾン(気体)は、ほとんど水に溶けません。

このため、一定時間水の中に滞留したオゾンの気体は、大気に放出されます。

つまり、水に入ったオゾンが再び気体となって出てくるので、室内のオゾン濃度が上がります。

空気のオゾン濃度と安全性の目安は以下の通りです。

オゾン[ppm]
作用
0.01 - 0.02多少の異気を覚える(やがて慣れる)
0.1明らかな異気があり、鼻や喉に重井を感じる
0.2 - 0.5未満3〜6時間曝露で視覚が低下する
0.5明らかに上部気道に刺激を感じる
1 - 22時間曝露で頭痛、胸部通、上部気道の乾きと咳が起こり、暴露を繰り返せば慢性中毒にかかる
5 -10脈拍増加、体痛、麻痺症状が現れ、曝露が続けば肺水腫を招く
15 -20
小動物は2時間以内に死亡する
50以上ヒトは、1時間以内生命が危険になる

※『オゾンと水処理』海賀信好(技術堂出版)より引用

これだけ見ると、オゾンはずいぶん危険なもののように見えますが、水道局などの浄水用で使われるような巨大な産業用オゾン水生成器を除くと、実際は人体に影響がでるほどの濃度は高まりません。

一般的なオゾン水生成器でオゾン水を作り、時間が経ってそのオゾン水からオゾン気体が放出されたとしても、空気中のオゾン濃度が0.1ppmを上回ることはまずありません。

なお、日本産業衛生学会が定める「作業環境基準 」*によると、空気中のオゾン濃度が0.1ppm以下であれば問題ないとされています。

実際には、オゾン水からオゾンが空気に放出されて臭いを感じたら、換気を行うなどしてオゾン濃度を下げますので、「オゾン水から放出されるオゾンで0.1ppmを超える環境に8時間以上いる」ことはあり得ません。

*作業環境基準とは、労働者が1日8時間、週40時間程度、肉体的に激しくない労働強度で有害物質に曝露される場合に、この数字以下であれば健康上の影響がないと判断される濃度のこと

2. オゾン水を飲用・入浴・傷口の塗布に用いる

オゾン水は強い酸化作用があるため、体内にオゾン水を入れることは推奨しません。

「どの程度のオゾン水濃度であれば、どの程度人体に危険か」についてのデータはありませんが、大切なのは「安全性が確認されていない」ということです。
安全性が確認されていない行為を行うべきではありません。

オゾン発生器の一覧はコチラ

表1: オゾンバスター稼働時間とオゾン水濃度[ppm]に関する実測データ

細菌やウイルスの除菌には、1ppmから2ppmのオゾン水があれば十分と言われていますので、水の量がさほど多くなければ、当社のオゾンバスターを使うことで十分なレベルの除菌と脱臭が可能です。

なお、大量のオゾン水を作りたい場合は、小型のオゾン水生成器では時間がかかったり、濃度が十分に上がらないことがあるため、より大型のオゾン水生成器を利用ください。

オゾン発生器の一覧はコチラ

オゾン水生成器購入前に気をつけること

当たり前のことですが、オゾン水とは「気体のオゾンが溶け込んだ水」を指します。

しかし、実は気体のオゾンはほとんど水には溶けません。

よって、単にオゾンの気体を水の中に流し込むだけでは、十分な濃度のあるオゾン水を作ることはできません。

いくら高い濃度の気体のオゾンを発生させるものであっても、です。

「気体のオゾンは水に溶けにくい、ではオゾン水の正しい作り方は何か」といいますと、正解は「オゾン気体を『マイクロバブル』として生成することで、大量のオゾンを水の中に溶け込ませることができる」です。

繰り返しますが、オゾンは水にはほとんど溶けません。

しかし、非常に微細なオゾン気体の泡、マイクロバブルとして水の中に滞留させることで、十分な濃度のオゾン水を作ることができます。

当社のオゾン水生成器である「オゾンバスター」も、このマイクロバブルを生成することでオゾン水を作り出しています。

「オゾンの気体が大量に作られる、イコール十分な濃度のオゾン水が作られる」わけではありません。
オゾン水生成器を購入検討する際は、「そのオゾン水生成器はマイクロバブルが作られるタイプのものかどうか」に注意しましょう。