カーオーナー様の快適な自動車ライフをお手伝いするカーケア業界の皆様は、カーケア・コーティングなどとともに、 自動車の車内清掃、ルームクリーニングを手掛けていらっしゃる場合も多いかと思います。

車内を複数回磨いて洗浄し、そのたびに拭いて、乾燥させ、複数の種類の洗剤を利用して、数時間から1日がかりで汚れを落とすという、かなり手間がかかる作業かと思います。

自動車のルームクリーニング業界では、最後の仕上げとしてオゾン発生器を利用するのが一般的ですが、どのようなオゾン発生器が良いか、お考えになったことはありますでしょうか。

ここでは、「ルームクリーニング用のオゾン発生器を選ぶポイント」を5点ほどお伝えしたいと思います。

超強力なオゾン発生量: 1400mg/hr
シガーライターとコンセントの両方から電源が撮れる
3.5kgと軽量。女性が片手で運べる重さ
オゾン(気体)とオゾン水の両方に対応
1400mg/hrの性能で、275,000円 (税込)

オゾンクラスター1400は、オゾン発生量が非常に多いためオゾン脱臭工程を短縮することができます。

例えば、他のオゾン発生器で30分かかる作業を5-10分で行えるといった具合です。

作業効率が悪いと、お客様に車をお返しする日時が遅れてしまって満足度を下げたり、従業員を残業させるなど、余計なコストがかかります。

オゾンクラスターであれば、一般的なオゾン発生器の4-5倍のオゾン発生量があるため、作業時間を短く、作業完了をできるだけ早くすることに役立ちます。

また、大型のファンが搭載されているため、遠くまでオゾンを届けることができます。

このため、バスなどの業務車両のクリーニングにも適しています。次に、家庭で自動車のルームクリーニングを行う、車内清掃を行うような場合だと、特に作業効率を考える必要はありませんので、オースリークリア2を利用できます。

オゾンクラスター1400とオースリークリア3の大きな違いは「オゾン発生量」です。

オゾンクラスター1400のオゾン発生量は1400mg/hrですが、オースリークリア3のオゾン発生量は600mg/hrとなります。
このため、オゾンクラスター1400と比べ、オゾンが車内に充満するのに時間がかかります。

ただし、家庭用の一般的な車を、そこまで急がずに脱臭・除菌するのであれば、優れたコストパフォーマンスを発揮します。

オゾン発生器の一覧はコチラ