タバコ臭を消す即効性のある方法とは?消臭のポイントやオゾン発生器を使うメリットを紹介

「タバコの臭いが気になってしまい、仕事に集中できない」、「日常生活でストレスが溜まる」といった事例は少なくありません。
タバコの臭いが付着してしまった場合、即効性のある方法で除去することが効果的です。
本記事ではタバコの臭いが残りやすい原因や、即効性のある消臭方法について解説します。

そもそもなぜタバコの臭いが気になるのか、その原因について解説します。

タバコにはさまざまな有害物質が含まれている

タバコの臭いが気になりやすいのは、多くの有害物質が含まれていることが原因です。
アンモニア・タール・アセトアルデヒドなどの有害成分が、タバコの臭いを作っています。
そのほか硫化水素・ニコチン・窒素化合物などの成分も含まれていることから、タバコにはさまざまな臭いが混ざり合って付着する性質があります。
そのためタバコ臭が一度染み付いてしまうと、消臭が難しくなって臭いが気になりやすいです。

原因

タバコは室内や服などに付着しやすい

タバコは煙によって臭いが飛散するため、室内や服などあらゆる場所に付着しやすいです。
気づかないうちにタバコの煙がかかると、臭いが付着して取れづらくなります。
タバコの煙は風などで簡単に広がるため、室内だと壁紙・木材・カーテンなど手の届かない場所や掃除しづらい場所にも臭いがつきやすいです。
そのため、どこから臭いがしているのか分からなくなることも多くあります。

原因

タバコは強烈な臭いが印象的ですが、実は臭い以外の被害も多くあります。
どのような被害があるのか解説するため、喫煙者の方はチェックしてください。

原因

タバコのヤニが室内にこびりつく可能性がある

タバコの成分に含まれるタールは、粘着性が高いです。
壁に付着すると簡単には落とせず、繰り返しタバコの煙がかかることで蓄積されていきます。
タールが付着していくと壁や家具などが黄ばんでヤニとして残ってしまうことが多いです。
室内がヤニで黄ばんだ状態だと、引越しの際に修理費を請求される可能性があります。
また、タバコの臭いといえばヤニの臭いが原因と思われがちですが、実はヤニ以外に複合臭もタバコの悪臭の原因です。
たとえば、タバコの臭いAと他の臭気Bが混ざることで、相乗効果により新たな臭気Cが発生します。

介護施設の事例では、タバコだけでなく、尿臭・便臭・汗臭・加齢臭などが混ざり合うことで独特な複合臭が発生しやすいのです。

複合臭に対処するために消臭芳香剤を使用しても、消臭芳香剤が室内の臭いと混ざることでより臭いが際立ってしまう場合もあります。

衣類のタバコ臭が周囲に不快感を与えることも

衣類などの布についてしまったタバコ臭は、繊維にタバコの成分が入り込んでしまうため簡単には取れません。
そのため衣類を身につけているだけで、周囲の人にタバコの臭いを感じさせて不快感を与える可能性があります。
自分自身がタバコを吸わなくても、タバコを吸う人と一緒にいたりタバコの煙が多い喫煙エリアを通ったりすると、衣類に臭いが付着することが多いです。
タバコ臭で周囲に不快感を与えた結果、人間関係に影響が出る場合もあります。

部屋についたタバコ臭を消臭する方法の中から、特に即効性のある方法を紹介します。

タバコ臭を換気+空気清浄機で追い出す

室内でタバコ臭がする場合、換気をしつつ空気清浄機を使って臭いを追い出しましょう。
空気がこもるとそれだけタバコ臭が残りやすくなるため、こまめに換気と空気清浄機を稼働させることが重要です。
換気時は2か所以上の窓を開けて風を通りやすくしつつ、換気扇を回すなどの方法があります。
空気清浄機は種類によって、タバコ臭の原因となる有害物質を吸着しない製品もあるため注意が必要です。

原因

カーテンやカーペットについたタバコ臭はクエン酸で除去する

室内からタバコ臭がする場合、カーテンやカーペットに臭いが付着している可能性があります。
カーテンやカーペットは洗濯の機会が少ないため、臭いが残るポイントになりやすいです。
カーテンやカーペットがタバコ臭い場合には、クエン酸を溶かした水につけ置きして洗うことを推奨します。
洗濯時間がないときは、クエン酸水をスプレーに入れて吹きかけるだけでも多少の消臭効果が見込めるためぜひ実行してみてください。

原因

壁の臭いは消毒用エタノールで掃除する

室内の壁に付着したタバコの臭いは、消毒用エタノールを使って掃除できます。消毒用エタノールをスプレーで壁に吹きかけ、水に濡らした雑巾で拭き取りましょう。
軽い黄ばみであれば、消毒用エタノールで臭いと同時に落とせる可能性があります。
しかし、長期間かけてヤニが蓄積されてしまい黄ばみや臭いが強い場合には、消毒用エタノールでも落ちないかもしれません。
消毒用エタノールで対処できないケースでは、専門業者を利用しなければならないことが多いです。

原因

出先で体にタバコ臭がついてしまうことも多いです。その際に使える、体についたたばこ臭をすぐに消臭できる方法を紹介します。

ウェットティッシュを使って臭いを拭き取る

タバコの臭いが指や髪に付着した場合には、ウェットティッシュで拭き取るのがポイントです。
ウェットティッシュで臭いがする部分を軽く拭き取り、その後ハンカチなどを使って水気を取ります。
タバコの臭い成分は水溶性のため、水で洗えない部分はウェットティッシュで対応可能です。
臭いが浅い場合は石鹸で念入りに手洗いをしたり、除菌シート・メイク落としを使ったりすることでも落とせます。
タールにはエタノールが効果的と言われているため、エタノール配合のウェットティッシュが最もおすすめです。

原因

タバコの消臭効果があるスプレーを使う

衣類についたタバコ臭対策には洗濯が一番ですが、外出中などすぐに選択できない場合は消臭効果の高いスプレーの活用がおすすめです。
臭いを中和させる消臭スプレーを使うことで、衣類から素早くタバコ臭を取り除ける可能性があります。
消臭スプレーの中にはタバコに特化したタイプがあるため、購入時にチェックするのがおすすめです。
また、衣類についたタバコ臭を取る際には、体にスプレーをかけるのではなく、衣類に直接かけて臭いを飛ばすイメージで行いましょう。

原因

歯磨きや舌磨きも欠かさない

タバコ臭は体だけでなく、口腔内に付着していることもあります。
タバコを自分で吸っている場合には、歯磨きや舌磨きでタバコの成分を落とすのがポイントです。
歯間ブラシなどで丁寧に歯磨き・舌磨きする方がいいですが、時間がない方には、うがいやマウスウォッシュで口をすすぐだけでもタバコの臭いを取り除けます。そのほか、タバコ臭を軽減するタブレットなどを口にすることも対策の1つです。
歯磨きなどをしても臭いが気になる方は、歯磨き・舌磨き・マウスウォッシュ・タブレットなどを併用してみましょう。

原因

手軽に即効性のある方法でタバコ臭を消臭したい場合、オゾン発生器がおすすめです。その理由について、解説します。

オゾンがタバコ臭対策でプロに選ばれている理由

オゾン発生器とは、オゾンを発生させて室内の除菌や消臭をする機器です。
オゾンは臭いの元となる成分を直接分解する効果があるため、タバコ臭を素早く除去できます。
室内に置くだけでタバコ臭を除去できるため、部屋の空気や帰宅時の衣類に付着している臭いを簡単に取り除ける点が魅力です。

また、オゾンは除菌効果も高く、新型コロナウイルスにも効果があることが証明されています。
オゾンは悪臭が命取りとなるホテル・旅館などでも使われており、プロも愛用する消臭対策アイテムです。

一般家庭から法人までだれでも利用でき、高い消臭性能を持っています。
オゾンは気体のため、部屋中の隅々まで行き渡ることも簡単です。
手が届かない場所の臭いも消臭できるため、タバコ臭を消すために大掛かりな掃除をする手間がなくなります。
オゾン発生器は酸素を原料とするため、ランニングコストは電気代のみです。
そのため常時稼働させて、タバコ臭が残らない環境を構築しやすいでしょう。

オゾン発生器を購入する初期費用はかかりますが、消臭の手間がかからず、スイッチひとつで自動的に消臭が可能になります。

オゾン発生器の仕組みや効果を解説!

オゾン発生器で脱臭・除菌効果・ウイルス不活性化!人気急増の7つの理由とは?

オゾン発生器で脱臭・除菌効果・ウイルス不活性化!人気急増の7つの理由とは?

  記事をチェック ▶︎  

オゾンマートなら 20,000社を超える導入実績

  導入事例一覧 ▶︎  
オゾンマート