オゾン発生器専門店【オゾンマート】
 

オゾンは短時間で分解し毒性が残りません

 

オゾンの分解とそのメリット、他の物質との比較について以下で解説します。

オゾン分解とその方法

オゾンは短時間で分解し毒性が残りません

オゾンは酸素分子が3つくっついた物質で、酸素分子が2つの酸素と比べると不安定な性質を持っています。

よって、他の物質と結びつくことで、安定した酸素に戻ろうとする性質があります。

オゾンが酸素に戻ることを、一般的にオゾンが分解されると言います。

この分解するときに起こるオゾンの効果が除菌と脱臭となります。

オゾン発生器を使ってオゾンを発生させる理由はこの2つにあります。

次に、オゾンを分解する方法は大きく分けて2つあります。

1つは、オゾンをそのまま放置しておく方法です。

オゾンは時間をかけて徐々に分解され酸素に戻っていきます。

やや時間はかかりますが、放置しておくだけでオゾンは完全に分解されます。

なお、換気を行うなど、他の物質との反応を促すことでオゾンが分解される時間は短くなります。

もう1つの方法は、触媒などを利用することでオゾンを強制的に短時間で分解することです。

オゾン分解装置という専用の産業機械を用いる場合、またオゾン発生器にオゾン分解機能が内蔵されている製品もあります。

強制的なオゾンの分解方法ですが、水を利用せずに「活性炭」「二酸化マンガン」「酸化第一鉄」「酸化ニッケル」といった物質を用いる方法、そして水のみを利用したり、水に加えて「水酸化ナトリウム」「亜硫酸ナトリウム」など用いる方法があります。

オゾン発生器の一覧はコチラ

オゾンの分解とは「オゾンが完全になくなること」

オゾンは短時間で分解し毒性が残りません

ここまで「オゾンの分解」と説明していますが、「オゾンが分解される」ということは「生成されたオゾンという物質は時間が経つか、強制分解装置を使うと完全になくなる」ということを意味します。

「オゾンには強い除菌・脱臭力がある」にもかかわらず、「何もしなくても放置しておけば勝手に分解されなくなる(無害になる)」という特性こそが、オゾンが家庭や企業で幅広く用いられている理由となります。

例えば、キッチンハイターなどの除菌・漂白剤の成分として用いられる「次亜塩素酸ナトリウム」は、濃度が半分になる半減期は以下の通りです。

塩素濃度

半減期 (25℃保管時)

半減期 (15℃保管時)

10%

22日

800日

5%

790日

5000日

2.5%

1800日

計測不能 (超長期)

0.5%

6000日

計測不能 (超長期)

引用元:http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2009/05/26/1266277_13_1.pdf

次亜塩素酸ナトリウムは、「キッチンハイター」などの主成分として使われていますが、人体にとって有害な物質です(キッチンハイターを飲用すると危険なのは成分が有害だからです)。

よって、次亜塩素酸ナトリウムも使用後に早急に分解されるとよいのですが、そうではありません。

高濃度の場合は数十日で半減しますが、低濃度になると自然減少速度は一気に落ち、数百日、数千日かかります。

これに対し、オゾン(気体)は発生環境にもよりますが、密閉環境においても数時間から十数時間で半減します。

通常は、オゾンを発生させた後に換気を行うため、より短い時間で減少します。

また、オゾン水になると、十数分から数十分とより短時間で分解されます。

オゾンと次亜塩素酸ナトリウムは、除菌など似た用途で用いられますが、どちらも物質自体には毒性があります。

しかし、次亜塩素酸ナトリウムは非常に長い半減期がある一方、オゾンはごく短い半減期で容易に完全分解されるという特徴があります。

オゾン発生器の一覧はコチラ

オゾンが分解されると毒性もなくなる

オゾンは短時間で分解し毒性が残りません

次亜塩素酸ナトリウムと異なり、オゾンは非常に短い期間で分解されなくなります。

つまり、「いつまでの分解されず、毒性が残り続ける次亜塩素酸ナトリウム」と、「短時間で分解され、毒性も残らないオゾン」を比べると、オゾンの方が安全性が高いのは明らかです。

短時間で分解されるという特性を利用した、オゾンの用途は多岐に渡ります。

  • 東京都や大阪市の水道局ではオゾンを利用した「高度浄水処理」を行い、高い水準での殺菌と脱臭、そして水にオゾンが残存せず完全に分解されることから「安全」も実現しています。

  • 乳幼児や高齢者といった抵抗力が低い人が、細菌やウイルスに感染しないための空間除菌装置としてオゾンは利用されています。

  • 多くのホテルでは、短時間でホテル客室を脱臭するためにオゾン発生器を利用しています。

    他の脱臭装置に比べて、効果が高く有害物質が残らない点が高く評価されています。

  • 中古車販売店、レンタカー、タクシーなどの自動車関連事業においては、人が乗った後の脱臭ならび除菌用途でオゾンが用いられ、ドライバーや搭乗者の安全と快適な環境づくりに貢献しています。

このように、オゾンは公共インフラにおいて、企業において、そして家庭において、短時間に分解する特性を生かして私たちの生活を安全に支えています。

売れ筋ランキング1位!
オゾンマートのベストセラーオゾン発生器です。

 
66,000 円 (税込)